スイスインターナショナルエアラインズ
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

スイス インターナショナル エアラインズ
(スイス国際航空)
Swiss International Air Lines

IATA
LXICAO
SWRコールサイン
Swiss

設立2002年
ハブ空港チューリッヒ空港
焦点空港ジュネーヴ空港
ユーロエアポート・バーゼル=ミュールーズ空港
マイレージサービスMiles & More
会員ラウンジSWISS Lounge
航空連合スターアライアンス
子会社スイスグローバルエアラインズ
エーデルワイス航空
保有機材数82機(2015年4月時点、ウェットリースも含めると94機)[1]
就航地49か国105都市[1]
親会社ルフトハンザグループ
本拠地 スイス バーゼル
代表者Dr. Harry Hohmeister CEO
外部リンクswiss.com
テンプレートを表示
スイス インターナショナル エアラインズの本部東京事務所(山王パークタワーアネックス)

スイス インターナショナル エアラインズ (ドイツ語: Swiss International Air Lines AG、「スイス国際航空」とも) は、スイス航空会社。通称"SWISS[2]

スイス航空グループ (Swissair) のクロスエア (Crossair) が、破綻したスイス航空を継承し発足した航空会社で、現在はルフトハンザドイツ航空の子会社である。スイスのチューリッヒ空港をベースにし、ヨーロッパ各国をはじめ世界各国に路線網を持つ。IATA航空会社コードは旧クロスエアのコードのLX、ICAO航空会社コードは旧スイスエアのSWRを引き継でいる。スターアライアンスに加盟している。日本における事業所は東京都千代田区山王パークタワーアネックスにある。


目次

1 概要

2 保有機材

3 路線

3.1 スイス国内

3.2 アフリカ

3.3 アジア

3.4 ヨーロッパ

3.5 北アメリカ

3.6 南アメリカ


4 関連項目

5 脚注

6 外部リンク


概要

2002年3月31日にクロスエアが名称を変更して運航を開始。当初は巨額の赤字を計上する苦しい出発だったが、経営の合理化を図り年々赤字額を縮小、2006年には初の営業利益を計上するまでに回復した。

当初から他の大手航空会社との提携の可能性を探って、イギリスブリティッシュ・エアウェイズと提携しワンワールドへ加盟準備をしていたが交渉が決裂、2004年6月3日にはマイレージサービスの統合に同意できないとして提携を行わないことを発表した。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE