ジョージ5世_(イギリス王)
[Wikipedia|▼Menu]

ジョージ5世
George V
イギリス国王インド皇帝
『ジョージ5世』ルーク・フィルデス画、1911年頃
在位1910年5月6日 - 1936年1月20日
戴冠1911年6月22日、於ウェストミンスター寺院
全名George Frederick Ernest Albert
ジョージ・フレデリック・アーネスト・アルバート
出生 (1865-06-03) 1865年6月3日
イギリス イングランド ロンドン マールバラ・ハウス
死去 (1936-01-20) 1936年1月20日(70歳没)
イギリス イングランド ノーフォーク サンドリンガム・ハウス
埋葬1936年1月29日
イギリス イングランド ウィンザー ウィンザー城 セント・ジョージ礼拝堂
配偶者メアリー・オブ・テック
子女エドワード8世
ジョージ6世
メアリー
ヘンリー
ジョージ
ジョン
王家サクス=コバーグ=ゴータ家
王朝ウィンザー朝
父親エドワード7世
母親アレクサンドラ・オブ・デンマーク
宗教キリスト教イングランド国教会
サイン
テンプレートを表示

ジョージ5世(George V, George Frederick Ernest Albert, 1865年6月3日 ? 1936年1月20日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領(the British Dominions beyond the Sea)の国王1927年からはグレートブリテン、アイルランドならびに海外自治領の国王)、インド皇帝(在位:1910年5月6日 ? 1936年1月20日)。ウィンザー朝の初代君主。
目次

1 生涯

1.1 出生

1.2 幼少期

1.3 青年期

1.4 結婚

1.5 ヨーク公時代

1.6 王太子時代

1.7 国王時代

1.7.1 第一次世界大戦期

1.7.2 大戦後

1.7.3 晩年

1.7.4 エドワードとの関係

1.7.5 死去



2 ジョージ5世を題材とした作品

3 エポニム

4 エピソード

5 称号

6 勲章

6.1 外国勲章


7 子女

7.1 系図


8 参考文献

9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク

生涯
出生

当時プリンス・オブ・ウェールズだったアルバート・エドワード(後のエドワード7世)とアレクサンドラ王太子妃の次男として生まれる。

1865年7月7日ウィンザー城のプライベートチャペルで洗礼を施される。代父母にはハノーファー国王ゲオルク5世デンマーク王妃ルイーゼ並びにフレゼリク王太子、ライニンゲン公エルンスト・レオポルド、ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト2世ケンブリッジ公ジョージオーガスタ・オブ・ヘッセ=カッセルヘッセン大公妃アリスがいる。

出生時には父王太子と兄アルバート・ヴィクターに次いで王位継承権第3位の地位にあったが、父と兄への王位継承が期待されており、ジョージの即位を予想する者はいなかった。
幼少期 幼少期(1870年)のジョージ

幼少期は、兄と共に父が招請した家庭教師ジョン・ニール・ダルトン(英語版)から学ぶも、兄弟ともに学業面での出来は芳しくなく、現在でも残されているジョージ5世自筆の文書には、誤字が多く見られることで知られている。1877年9月には、海軍を「男児にとって最高の教育の場」と考えていた父の方針によって、兄と共に海軍兵学校に入学し、練習船「ブリタニア」において教育を受けることとなった。
青年期

1879年に少尉候補生となり、兄と共に家庭教師のダルトンを同伴させたうえで、バッカント級コルベット「バッカント」に3年間乗船、西インド諸島南アフリカオーストラリアなどの植民地をはじめとして、南アメリカ地中海エジプト極東を訪問した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:69 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE