ジャスティン・トルドー
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

カナダ政治家ジャスティン・トルドーJustin Trudeau
2015年11月、APEC首脳会議にて撮影
生年月日(1971-12-25) 1971年12月25日(46歳)
出生地 カナダ オンタリオ州オタワ
出身校マギル大学
ブリティッシュコロンビア大学
前職教師
所属政党自由党
配偶者ソフィー・グレゴワ(英語版)
子女Xavier
Ella-Grace Margaret
Hadrien
親族ピエール・トルドー(父 第20代・22代首相)
サイン
公式サイト ⇒Meet Justin Trudeau
第29代カナダ首相
在任期間2015年11月4日 -
カナダ総督デイヴィッド・ロイド・ジョンストン
庶民院議員
選挙区パピノー
在任期間2008年10月14日 -
政府間問題・青年大臣(英語版)
内閣ジャスティン・トルドー内閣
在任期間2015年11月4日 -
その他の職歴
自由党党首
2013年4月14日 - )
テンプレートを表示

ジャスティン・トルドー(Justin Pierre James Trudeau、1971年12月25日 - )は、カナダの政治家。2013年からカナダ自由党党首、2015年から第29代カナダ首相を務める[1]。第20・22代首相ピエール・トルドーとその妻マーガレット(英語版)の長男。ジャスティンは英語読みであり、フランス語読みではジュスタン・トリュドー[2]と発音する。


目次

1 経歴

1.1 少年期

1.2 知られる存在に

1.3 政界進出

1.4 自由党党首、そして首相へ


2 選挙結果

3 人物

4 政策

4.1 TPP

4.2 パートナーとしての公務員

4.3 難民

4.4 その他


5 家族

6 脚注・出典

7 関連項目

8 外部リンク


経歴自ら主催した集会で、ダルフール危機対策を呼びかけるジャスティン・トルドー(2006年9月17日)
少年期

オンタリオ州オタワ出身。初代カナダ首相ジョン・マクドナルドの末娘マーガレット・マクドナルドに次ぐ、在任中のカナダ首相の子として生まれた史上2番目の人物である。誕生日は、弟のアレクサンドル(1973年生)と同じ12月25日。1977年、ジャスティン6歳のときに、両親のピエールとマーガレットが離婚する。1984年、ピエールがカナダ首相を辞任する。

子供のプライバシーを守るという父ピエールの方針により、モントリオールの親類宅で育った。マギル大学(モントリオール)で英文学ブリティッシュコロンビア大学教育学学位を取得する。その後、ブリティッシュコロンビア州で教鞭をとる。マギル大学大学院で、地理学を専攻した。
知られる存在に

2000年、ピエール・トルドーの国葬の際に、28歳になったジャスティンは人々の記憶に残る追悼スピーチを行った[3]


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:54 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE