シーア派
[Wikipedia|▼Menu]
国ごとのイスラム教の分布。緑系はスンニ派、赤紫系はシーア派、青はイバード派さらなる分布


イスラム教教義・信仰 

アッラーフ · イスラーム
六信 · 五行
タウヒード · ジハード
モスク · マドラサ
カアバ · ハッジ
指導者 

ムハンマド
ハディージャ · アーイシャ
アブー・バクル
ウマル · ウスマーン
アリー · ファーティマ
預言者 · カリフ
イマーム · ウラマー
スルタン法・規範 

クルアーン · シャリーア
スンナ · ハディース
経済・金融 

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ
歴史 

ウンマ · ハワーリジュ派
スンナ派 · シーア派 · イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義
秀逸な記事 

オスマン帝国
ムハンマド・アリー
良質な記事 

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
 ・編・歴 

シーア派(アラビア語:??????、ラテン文字転写:ash-Sh??a(h))は、イスラム教の二大宗派のひとつで、2番目の勢力を持つ。最大勢力であるもう一方はスンナ派(スンニ派)である。

7世紀カリフであったアリー[1]とその子孫のみが、預言者の代理たる資格を持ち、「イスラム共同体(ウンマ))」の「指導者(イマーム)」の職務を後継する権利を持つと主張する。
目次

1 「シーア」とは

2 信徒分布

3 教義

3.1 シーア派における理性(アクル)


4 聖地

5 歴史

5.1 歴代イマーム

5.2 シーア派諸政府


6 分派

6.1 十二イマーム派

6.2 イスマーイール派

6.3 ザイド派

6.4 そのほかの分派やイスラムからの分離


7 シーア派の分派

8 参考文献

9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク

「シーア」とは

シーアはアラビア語で「党派」を意味する普通名詞で、初期のシーア派の人々が、「アリー派」((???? ???、Sh?‘ah ‘Al?), と呼ばれたことに由来している。のちには、シーアに単に定冠詞を付したアッ=シーア(ash-Sh??a)という語で同派を意味するようになり、宗派の名称として定着した。シーアに属する人のことをシーイー(????、Sh???)といい、スンナ派信徒を意味する「スンナに従う人」(スンニー)に対応する。従って、シーアあるいはシーイーに「派」という語を付すのは「派・派」となり厳密に言えば同一語の繰り返しである。
信徒分布

シーア派の信者はイスラム教徒全体の10%から20%を占めると推定される。[2][3][4][5]2009年には、信徒数は約2億人と推定される.[3]。信徒は世界中に分布するが、イランイラク(国内のムスリムは全人口の95%、全人口の3分の2がシーア派)、レバノン(政治的理由から公式資料なし〔レバノン内戦参照〕だが、人口の半数を超えているといわれる)、アゼルバイジャン(85%)では特にシーア派住民が多い。またイエメン(45%)[6]パキスタン(20%)、サウジアラビアの東部(10%)、バーレーン(70%)、オマーンアフガニスタンハザーラ人など)にも比較的大きな信徒集団が存在する。

シーア派内の宗派では、十二イマーム派はイラン、アゼルバイジャン、それらの周辺地域(イラク、サウジアラビア東部等)、レバノンに多い。イスマーイール派(七イマーム派)はアフガニスタンなど各地に点在する。ザイド派(五イマーム派)はイエメンで主流である。

シーア派はその登場以来、原則として多数派のスンニ派に対し少数派の立場にあり、シーア派の信徒は山岳地帯など外敵が容易に侵入できない地域に集団を形成することが多かった。シーア派の王朝は歴史上いくつか存在するが、多くの場合シーア派が主流であるのは支配者層に限られ、住民の大半はスンニ派であった。ただし、現在のイラン・アゼルバイジャンを中心とした地域ではシーア派は地形にかかわらず多数派となっている。これは16世紀にこの地を支配したサファヴィー朝十二イマーム派を国教とした際、住民の多くがスンナ派から十二イマーム派に改宗しそのまま根付いたためである。

21世紀初頭において、シーア派が政治的・人口的に圧倒的に優位に立っているのはイラン1国のみである。イランの人口の90%から95%がシーア派を信仰しているとされ、全世界のシーア派人口の内でも37%から40%とほぼ4割を占めているなど、イランはシーア派内において大きな地位を占めている。さらにイランの国制は1979年イラン革命以降イスラム共和制をとっており、シーア派の高位聖職者がイランの最高指導者として国家元首となっているため、シーア派の影響力は非常に強い。

イランに次いでシーア派の割合が高い国はイラクアゼルバイジャンバーレーンの3か国であり、それぞれ6割から7割の国民がシーア派を信仰している。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:67 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE