シオガマギク属
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。(2015年5月)

シオガマギク属
ヨツバシオガマ
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
階級なし:キク類 asterids
階級なし:真正キク類I euasterids I
:シソ目 Lamiales
:ハマウツボ科 Orobanchaceae
:シオガマギク属 Pedicularis

学名
Pedicularis L.



本文参照

シオガマギク属(塩竈菊属、学名:Pedicularis)は、ハマウツボ科分類される1クロンキスト体系とエングラー体系では、ゴマノハグサ科に分類されていた。


目次

1 形態

2 生態

3 分布

4 下位分類

4.1 日本の主なもの


5 脚注

6 参考文献

7 関連項目


形態

半寄生多年草または一年草で、は直立、斜上または匍匐する。は対生、輪生または互生し、羽状に深裂するものが多い。花は葉腋ごとにつくか、茎先に総状または穂状につく。花冠は紅紫色、黄色または黄白色で、長い筒状となり、先は唇形となる。
生態

寄生植物の一種とされ、イネ科植物に寄生する。ただし、全ての栄養分を宿主に依存するのではなく自力で光合成を行う「半寄生」と呼ばれるものが多い。

いくつかの種はマツ属樹木に枝枯れ等の被害を与えるさび病の原因菌(サビキン)の中間宿主になることでも知られる。マツのさび病のうち特に有名な五葉マツ類発疹さび病(英名:white pine blister rust)ではサビキンCronatrium ricicolaの中間宿主としてスグリ属(Ribes)植物が有名だが、シオガマギク属植物も関与するという[1]
分布

北半球に広く分布し、約500種知られている。
下位分類
日本の主なものセリバシオガマ
セリバシオガマ節


セリバシオガマ(Pedicularis keiskei )

シオガマギク節


シオガマギク(Pedicularis resupinata var. oppositifolia )

シベリアシオガマ(Pedicularis resupinata var. resupinata )

ミカワシオガマ(Pedicularis resupinata var. microphylla )

トモエシオガマ(Pedicularis resupinata var. caespitosa )


エゾシオガマ(Pedicularis yezoensis )


シオガマギク

トモエシオガマ

エゾシオガマ

ヨツバシオガマ節


ヨツバシオガマ(Pedicularis chamissonis var. japonica )

クチバシシオガマ(Pedicularis chamissonis var. longirostrata )

レブンシオガマ(Pedicularis chamissonis var. rebunensis )


ハンカイシオガマ節


オニシオガマ(Pedicularis nipponica )

ハンカイシオガマ(Pedicularis gloriosa )

イワテシオガマ(Pedicularis iwatensis )

ヤクシマシオガマ(Pedicularis ochiaiana )

ツクシシオガマ(Pedicularis refracta )

タカネシオガマ(Pedicularis verticillata )

ホザキシオガマ(Pedicularis spicata )


オニシオガマ

タカネシオガマ
ミヤマシオガマ


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:11 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE