サンピエール島・ミクロン島
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
サンピエール島およびミクロン島
Collectivite territoriale de Saint-Pierre-et-Miquelon


サンピエール島・ミクロン島の旗サンピエール島・ミクロン島の紋章
モットー:A mare labor

公用語フランス語
行政所在地サンピエール
大統領エマニュエル・マクロン
知事(プレフェ)ティエリー・デビモー(Thierry Devimeux)
議会議長ステファヌ・アルターノ(英語版) (Stephane Artano)
面積
 -  総面積242 km2
 -  水面積率 (%)極僅か
人口
 -  統計(2011年1月)6,080[1]
 -  人口密度25人/km2
GDP (PPP)
 -  合計
通貨ユーロ (EUR)
時間帯UTC-3 
ISO 3166-1PM / SPM
ccTLD.pm
国際電話番号+508
表示セントローレンス湾内での位置(赤丸)EEZの状況

サンピエール島およびミクロン島(フランス語: Saint-Pierre et Miquelon)は、カナダセントローレンス湾に浮かび、ニューファンドランド島南部に位置する島。フランス海外準県 (collectivite d'outre-mer; COM)。豊かな漁場の海に囲まれているため、この島々を領有しているフランスとカナダとの間で漁業権と鉱物権をめぐる排他的経済水域についての論争があったが、1992年に一旦収束した。


目次

1 歴史

2 地形

3 経済

4 住民

5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク


歴史

アメリカ先住民ミクマクといわれている)がもともと暮らしていたが、1520年ポルトガル人が発見し、1536年にはフランスジャック・カルティエが上陸し、サンピエール島と命名した。1702年のイギリス軍によるニューファンドランド遠征で破壊され、1713年ユトレヒト条約イギリスの領土になるが、1763年パリ条約でイギリスはフランスに割譲した。しかし、1778年から1783年1793年から1816年とイギリスが占領。その後、フランスに戻った。

1939年第二次世界大戦が勃発すると、1940年フランスドイツに降伏し、サンピエール・ミクロンは親ドイツ派のヴィシー政府の領土となった。

この際、カナダ政府がサンピエール・ミクロンの占領を計画し、侵攻のための口実がいくつか作られた。その代表的なものに、サンピエール・ミクロンから放送されていたヴィシー政府のラジオが、グランドバンク付近で活動していたドイツ海軍のUボートを支援しているためというものがあったが、その証拠がなかったため結局カナダは占領しなかった。

1941年自由フランス軍が島内で反乱を組織し、巡洋潜水艦「スルクフ」率いる小艦隊が抵抗を受けずに上陸し、島を占領したが、この作戦は前述のカナダの占領を防ぐために、カナダアメリカ合衆国には事前に伝達がなされていなかった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:34 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE