サンデーサイレンス
[Wikipedia|▼Menu]

サンデーサイレンス
2000年9月、社台スタリオンステーションにて
品種サラブレッド
性別
毛色青鹿毛または黒鹿毛[1][2]
生誕1986年3月25日
死没2002年8月19日(16歳没)
Halo
Wishing Well
母の父Understanding
生国 アメリカ合衆国
生産Oak Cliff Throughbreds Ltd.
馬主Gaillard & Hancock III
Charles Whittingham
Whittingham et al
吉田善哉
調教師Charles Whittingham
厩務員Charles Clay
競走成績
生涯成績14戦9勝
獲得賞金4,968,554ドル
テンプレートを表示

サンデーサイレンス(: Sunday Silence、1986年 - 2002年)は、アメリカ合衆国生まれの競走馬種牡馬である。1996年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。そのイニシャルからSSと呼ばれることもある。

※文中の「GI級競走」は日本のパート1国昇格前および昇格後のGI競走とJ・GI競走、ならびに昇格後のJpnI競走を指す(詳細については競馬の競走格付けを参照)。
目次

1 概要

2 生涯

2.1 誕生からデビューまで

2.1.1 誕生

2.1.2 見栄えが悪く、売れ残る

2.1.3 疾病・負傷


2.2 競走馬時代

2.2.1 1988年・1989年

2.2.1.1 競走内容

2.2.1.2 イージーゴアとの対決

2.2.1.3 薬物疑惑


2.2.2 1990年

2.2.3 競走成績


2.3 種牡馬時代

2.4 蹄葉炎を発症し死亡


3 競走馬としての特徴・評価

3.1 精神面

3.2 身体面

3.3 走法

3.4 選定

3.5 競走馬名


4 種牡馬として

4.1 種牡馬成績・記録

4.2 ブルードメアサイアーとしての成績

4.3 サンデーサイレンス系種牡馬の活躍と血の飽和、偏りの問題

4.4 特徴・評価

4.4.1 産駒の精神面

4.4.2 産駒の肉体面

4.4.3 遺伝に関する特徴

4.4.4 「作られた」コース、馬場への適性

4.4.5 レース体系への対応

4.4.6 客観的評価


4.5 おもな産駒

4.5.1 日本調教馬

4.5.1.1 GI級競走優勝馬

4.5.1.2 重賞優勝馬


4.5.2 日本国外調教馬

4.5.3 高額落札馬


4.6 ブルードメアサイアーとしてのおもな産駒

4.6.1 日本調教馬

4.6.1.1 GI級競走優勝馬

4.6.1.2 重賞優勝馬


4.6.2 日本国外調教馬



5 血統

5.1 血統表

5.2 血統的背景


6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 外部リンク

概要

1988年10月に競走馬としてデビュー。翌1989年アメリカ三冠のうち二冠ケンタッキーダービープリークネスステークス)、さらにブリーダーズカップ・クラシックを勝つなどG1を5勝する活躍を見せ、エクリプス賞年度代表馬に選ばれた。1990年に右前脚の靭帯を痛めて競走馬を引退。引退後は日本で種牡馬となり、初年度産駒がデビューした翌年の1995年から13年連続で日本のリーディングサイアーを獲得[3]。さらに中央競馬における種牡馬にまつわる記録を次々と更新した。サンデーサイレンスを起点とするサイアーラインは日本競馬界における一大勢力となり、サンデーサイレンス系とも呼ばれる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:280 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE