サンスクリット
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「skt」はこの項目へ転送されています。ICAO航空会社コードにおけるSKTについては「スカイスター航空」を、かつて略称がSKTだったテレビ局については「静岡朝日テレビ」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年6月)

この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします(詳細)。

サンスクリット

??????? sa?sk?ta
話される国アジア
地域 インド
南アジアおよび東南アジア諸国
話者数1万4135人(インド、2001年)[1]
言語系統インド・ヨーロッパ語族

サテム語派

インド・イラン語派

インド語派

サンスクリット




表記体系デーヴァナーガリー
ラテン文字(京都・ハーバード方式IAST
公的地位
公用語 インド
言語コード
ISO 639-1sa
ISO 639-2san
ISO 639-3san
テンプレートを表示
デーヴィー・マーハートミャ』の現存する最古の複製。11世紀ネパールで、ブージモル(英語版)という書体を使って書かれており、椰子の葉からできている (貝葉)。

サンスクリット(梵: ???????、sa?sk?ta、: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学哲学学術宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教仏教シーク教ジャイナ教礼拝用言語でもあり、現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドの22の公用語の1つである。

サンスクリットは「完成された・洗練された(言語、雅語)」を意味する。言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。

漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して、梵語という言葉は使われてきた。梵語は、サンスクリットの起源を造物神ブラフマン(梵天)とするインドの伝承を基にした言葉である。


目次

1 歴史

2 音声

3 連声

4 文法

5 語彙

6 文字・表記

7 日本への影響

8 著名な文学・哲学・宗教文献

9 映画音楽とサンスクリット

10 脚注

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク


歴史

サンスクリットはインド・ヨーロッパ語族インド語派に属する古代語である。

狭義には紀元前5世紀から紀元前4世紀パーニニがその文法を規定し、その学統によって整備された古典サンスクリットのことを指す。

広義には、リグ・ヴェーダ(最古部は紀元前1500年頃)に用いられていたヴェーダ語や、あるいは、仏典に使われる仏教混交サンスクリット(英語版)をも含む。ヴェーダ語の最古層は、イラン語群に属する古典語であるアヴェスター語のガーサーの言語(古アヴェスター語)と非常に近い。

釈迦の時代にはすでに日常の生活においてインド各地の地方口語(プラークリットと呼ばれる)が用いられるようになっていたが、その後にサンスクリットは逆に文書の公用語として普及し、宗教(ヒンドゥー教・仏教など)・学術・文学等の分野で幅広く長い期間にわたって用いられた。

グプタ朝ではサンスクリットを公用語とし、カーリダーサなどに代表されるサンスクリット文学が花開いた。

サンスクリットは近代インド亜大陸の諸言語にも大きな影響を与えた言語であり、ドラヴィダ語族に属する南インド諸語に対しても借用語などを通じて多大な影響を与えた。さらには東南アジア東アジアにも影響を与えた。

13世紀以降のイスラム王朝支配の時代(アラビア語ペルシア語の時代)から、大英帝国支配による英語の時代を経て、その地位は相当に低下したが、今でも知識階級において習得する人も多く、学問や宗教の場で生き続けている。1972年にデリーで第1回国際サンスクリット会議が開かれたが、討論から喧嘩までサンスクリットで行われたという。また、従来はサンスクリットは男性が使うものであったが、現代では女性がサンスクリットを使うようになってきている[2]
音声

多くの古代語と同様、サンスクリットが古代にどのように発音されていたかは、かならずしも明らかではない。

母音には、短母音 a i u、長母音 ? ? ? e o、二重母音 ai au がある。e o がつねに長いことに注意。短い a は、[?] のようなあいまいな母音であった。ほかに音節主音的な r? r?? l? があったが、現代ではそれぞれ ri r? li のように発音される。r?? l? は使用頻度が少なく、前者は r? で終わる名詞の複数対格・属格形(例:pitr??n 「父たちを」)、後者は kl?p- 「よく合う、適合する」という動詞のみに現れる。

音節頭子音は以下の33種類があった。

両唇音
唇歯音歯音
歯茎音そり舌音硬口蓋音軟口蓋音声門音
破裂音
破擦音無気音p bt d? ?c jk g
帯気音ph bhth dh?h ?hch jhkh gh
鼻音mn?(n)(?)
摩擦音s??h [?]
半母音vry
側面音l

そり舌音が発達していることと、調音位置を等しくする破裂音に無声無気音・無声帯気音・有声無気音・有声帯気音の4種類があることがサンスクリットの特徴である。このうち有声帯気音は実際には息もれ声であり、これらの音は現在のヒンディー語などにも存在する。ヴェーダ語には、ほかに ? もあった。

c ch j jh は破裂音 [c c? ? ??] であったとする説と[3]破擦音であったとする説がある[4]


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:53 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE