サル目
[Wikipedia|▼Menu]

霊長目
バーバリーマカク Macaca sylvanus
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書II
分類

:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:哺乳綱 Mammalia
:霊長目 Primates

学名
Primates Linnaeus, 1758[2]
和名
霊長目[3][4][5][6]
亜目


Haplorrhini 直鼻亜目

Strepsirrhini 曲鼻亜目


霊長目(れいちょうもく、Primates)は、哺乳綱に含まれる目。 霊長類(れいちょうるい)あるいはサル目(サルもく)とも呼ばれる[7]。キツネザル類、オナガザル類、類人猿ヒトなどによって構成され、約220種が現生する。

生物学的には、ヒトはサル目の一員であり、霊長類(=サル類)の1種にほかならないが、一般的には、サル目からヒトを除いた総称を「サル」とする。
目次

1 分布

2 形態

3 生態

4 分類

5 進化

6 人間との関係

6.1 日本の霊長類研究


7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

分布

(以下の記述はヒトを除いたサル目の種に関するものである)

熱帯系の動物であり、その分布は熱帯域に集中する。東アジアには温帯域まで分布する種があり、特にニホンザルは最も高緯度に分布するサルとして有名である。曲鼻亜目及びメガネザル類アジアアフリカの熱帯域、広鼻猿類は中南米の熱帯、類人猿を含む狭鼻猿類はアジアアフリカの熱帯域から温帯域の一部にかけて分布している。ヨーロッパにはほとんど棲息せず、ジブラルタル海峡ごしにバーバリーマカク1種が棲息するのみである。また、北アメリカ大陸北部(アングロアメリカ相当地域)にも分布しない。
形態

体重100g以下のコビトガラゴGalagoides demidoviiから、200kgを超すゴリラまで、多様な種が属している。

サル目は、哺乳類としては比較的基本的な体制を維持している。などには大きな特殊化は起こっていない。その中で、サル類を特徴づけるのは、以下のような点である。

5本のをもち、親指が他の4本と多少とも対向しているため、物をつかむことができる。

前肢と後肢の指の爪は、ヒトを含めた狭鼻下目のすべての種ではすべての指の爪が平爪である。曲鼻亜目と広鼻猿類の一部では平爪のほかに鉤爪をそなえる種もある。

の正面に位置しており、遠近感をとらえる能力に優れている。

これらの特徴は、樹上生活において、正確に枝から枝に飛び移るために不可欠な能力である。多くの樹上性の哺乳類では、鉤爪を引っかけて木登りをするが、サル類の平爪はこれをあきらめ、代わりに指で捕まるか引っかかるかする方向を選んだものである。また、それが指先の器用さにもつながっている。

直鼻亜目Simiiformes下目Catarrhini小目(狭鼻猿類)は3色型色覚を有し、緑色のの間から、さまざまな色をした果実などを見つけるのに有利になっている。その他の霊長類は特にオスで2色型色覚にとどまっている種が大半である。色覚の詳細については後述する。

また、

頭部の前方に眼が並び、その面がやや平らになって顔面を形成する。往々にしてこの部分には毛がなく、皮膚が露出する。

大脳がよく発達する。

そして個体間で表情や声によって互いに情報交換をするものが多い。
生態

曲鼻猿類はキツネザル類に昼行性が多いのを除けば夜行性がほとんどだが、直鼻猿類はメガネザル類と広鼻猿に属するヨザル類を除いてほぼ全てが昼行性である。生活環境は樹上生活から地上生活まで幅広い。

食性も昆虫食、果実食、草食など、多岐にわたる。ただし、全体としてみれば、樹上性のものが多い。地上性のものはそこから派生したと考えられる。
分類

「霊長」という言葉において、霊は魂や幽霊という漢字そのものの意味より、優れたもの、不思議な力を持っているという意味が強い。つまり、これはヒトや、ヒトを含むサルの仲間を、動物の進化の最終形態とする認識から付けられた名前である。英語名のPrimateも、大主教や最高位を意味する単語であり、やはり同様の観点から付けられた名前である。

以前は主に脳が小型で嗅覚が発達し鼻面の長いキツネザル類・ロリス類・メガネザル類を原猿亜目Prosimii、それ以外の主に脳が大型で視覚が発達し鼻面の短い分類群を真猿亜目Anthropoideaとしてまとめていた[3]。研究の進展により、メガネザルがいわゆる原猿類の他のグループよりも真猿類により近いことが判明した。このことから、現在ではキツネザル類・ロリス類をまとめて「曲鼻猿類(曲鼻猿亜目、曲鼻類、曲鼻亜目)」、メガネザル類を含むその他の霊長類を「直鼻猿類(直鼻猿亜目、直鼻類、直鼻亜目)」と呼び、正式な分類体系では、「原猿類」という名称は用いなくなっている[8]

以下の分類は日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ (2018)、和名は主に日本哺乳類学会分類群名・標本検討委員会 (川田ら, 2018) に従う[4][5]

曲鼻亜目 Strepsirrhini

キツネザル型下目 Lemuriformes

キツネザル上科 Lemuroidea

コビトキツネザル科 Cheirogaleidae(Cheirogaleoidea上科に分類する説もあり[2]

インドリ科 Indriidae

キツネザル科 Lemuridae

イタチキツネザル科 Lepilemuridae


アイアイ上科 Daubentonioidea

アイアイ科 Daubentoniidae(アイアイ型下目Chiromyiformesに分類する説もあり[2]



ロリス型下目 Lorisiformes

ガラゴ科 Galagidae

ロリス科 Lorisidae



直鼻亜目 Haplorrhini

メガネザル型下目 Tarsiiformes

メガネザル科 Tarsiidae


真猿型下目 Simiiformes

広鼻小目 Platyrrhini

オマキザル上科 Ceboidea

クモザル科 Atelidae

オマキザル科 Cebidae(ヨザル科Aotidaeおよびマーモセット科Callitrichidaeを分割する説もあり[2][9][10]


サキ上科 Pithecioidea

サキ科 Pitheciidae



狭鼻小目 Catarrhini

オナガザル上科 Cercopithecoidea

オナガザル科 Cercopithecidae


ヒト上科 Hominoidea

テナガザル科 Hylobatidae

ヒト科 Hominidae





進化


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE