サルバドール・ダリ
[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2012年12月)

サルバドール・ダリ
Salvador Dali
サルバドール・ダリ(1939年11月29日
カール・ヴァン・ヴェクテン撮影
生誕Salvador Domenec Felip Jacint Dali i Domenech
(1904-05-11) 1904年5月11日
スペイン王国 ジローナ県フィゲーラス
死没1989年1月23日(1989-01-23)(84歳)
スペイン カタルーニャ州フィゲーラス
国籍 スペイン
教育王立サン・フェルナンド美術アカデミー
著名な実績絵画デッサン写真彫刻作家
代表作こちらを参照
運動・動向キュビスムダダイスムシュルレアリスム
フィゲーラスのダリ劇場美術館

サルバドール・ダリ(Salvador Dali カタルーニャ語: [s??β??do d???i] スペイン語: [salβa?do? da?li]、ダリ・デ・プブル侯爵 Marques de Dali de Pubol (es)、1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペインフィゲーラス出身の画家シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク (Salvador Domenec Felip Jacint Dali i Domenech)。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。


目次

1 生涯

2 エピソード

2.1 遺体の発掘


3 主な作品

4 ギャラリー

5 脚注

6 関連書籍

7 関連項目

8 外部リンク


生涯

ダリは1904年5月11日、スペインのカタルーニャ地方フィゲーラスで、裕福な公証人サルバドール・ダリ・イ・クシ (Salvador Dali i Cusi)の息子として生まれた[1]。母親フェリパ(旧姓ドメネク・フェレス)も富裕な商家出身で、一族は自らをユダヤ系の血筋と信じている[2]。ダリには幼くして死んだ兄がいて、同じ「サルバドール」という名が付けられていた。このことは少年ダリに大きな心理的影響を与えた。

少年時代から絵画に興味を持ち、パブロ・ピカソの友人であった画家のラモン・ピショット(en:Ramon Pichot)から才能を認められた。1922年マドリードのサンフェルナンド美術学校に入学し、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合った。ブニュエルとは、1928年にシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作した。

1925年、マドリードのダルマウ画廊で最初の個展を開いた[1]

1927年、パリに赴き、パブロ・ピカソトリスタン・ツァラポール・エリュアールルイ・アラゴンアンドレ・ブルトンら、シュルレアリスムの中心人物たちと面識を得た。

1929年夏、ポール・エリュアール[3]が妻とともにカダケスのダリを訪ねた。これが後にダリの妻となるガラ・エリュアールとの出会いであった。ダリとガラは強く惹かれ合い、1934年に結婚した。

王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生時代には、印象派キュビスムなどの影響も受けていたが、シュルレアリスムに自分の進む道を見出し、1929年に正式にシュルレアリスト・グループに参加した。ダリは1938年にグループから除名されたが、その理由はダリの「ファシスト的思想」が、アンドレ・ブルトンの逆鱗に触れたからであった。1939年にはブルトンはダリの作品が商業的になっていくのをからかって,"Avida Dollars"「ドルの亡者」というあだ名をダリに与えた。(これはSalvador Daliのアナグラムであり,音声的にはフランス語"avide a dollars"「ドルをむさぼる」と同音である)。しかしダリの人気は非常に高かったため、グループを除名されたあとも国際シュールレアリスム展などには必ず招待された。

ダリは自分の制作方法を「偏執狂的批判的方法 (Paranoiac Critic)」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使して夢のような風景画を描いた。またヨハネス・フェルメールを高く評価しており、著書の中で、ほかの画家を採点したとき、フェルメールに最高点をつけている。「アトリエで仕事をするフェルメールを10分でも観察できるならこの右腕を切り落としてもいい」と述べたこともあった。第二次世界大戦後はカトリックに帰依し、ガラを聖母に見立てた宗教画を連作した。ガラはダリのミューズであり、支配者であり、またマネージャーであった。

第二次世界大戦中は戦禍を避けてアメリカ合衆国に移住したが、1948年にスペインに帰国。ポルト・リガト (en:Port Lligat)に居を定めて制作活動を行った。

1982年にガラが死去すると、「自分の人生の舵を失った」と激しく落ち込み、ジローナのプボル城に引きこもった。1983年5月を最後に絵画制作をやめている。

1984年には寝室でおきた火事でひどいやけどを負い、フィゲラスに移った。

1989年にフィゲラスのダリ劇場美術館(en:Dali Theatre and Museum)に隣接するガラテアの塔で、心不全により死去。85歳没。
エピソードダリ(1965年)ペットのオセロットダリ(1972年)

ダリは、1936年に制作した『茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)』がスペイン内戦を予言したと称し、「完全なダリ的予言の例」として文字通り自画自賛している。ほかにも自己顕示的で奇妙な言動は多く、講演会で潜水服を着て登壇したはいいが、酸素供給が上手くいかずに死にかけたことがある(1936年、ロンドン)。象に乗って凱旋門を訪れたり、また「リーゼントヘア」と称してフランスパンを頭に括りつけて取材陣の前に登場するなど、マスコミに多くのネタを提供した。しかし、こうした人気取りとも思える一連の行為は同時代の画家達の顰蹙も買った。また、パブロ・ピカソら同時代の芸術家たちからも大きな反感を買っていた独裁者フランシスコ・フランコ(ピカソには『フランコの夢と嘘』などの作品がある)を公然と支持するなど、政治的な意味での奇行もあった。

今日では、ダリの上向きにピンとはねたカイゼル髭と目を大きく見開いた顔は「アート」そのものとして認知されるほどの人気であり、スペインのシンクロナイズドスイミングチームが水着の柄に採用して競技会に出場したことがある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE