サルバドール・ダリ
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2012年12月)

サルバドール・ダリ
Salvador Dali
サルバドール・ダリ(1939年11月29日
カール・ヴァン・ヴェクテン撮影
生誕Salvador Domenec Felip Jacint Dali i Domenech
(1904-05-11) 1904年5月11日
スペイン王国 ジローナ県フィゲーラス
死没(1989-01-23) 1989年1月23日(84歳没)
スペイン カタルーニャ州フィゲーラス
国籍 スペイン
教育王立サン・フェルナンド美術アカデミー
著名な実績絵画デッサン写真彫刻作家
代表作こちらを参照
運動・動向キュビスムダダイスムシュルレアリスム
フィゲーラスのダリ劇場美術館

サルバドール・ダリ(Salvador Dali カタルーニャ語: [s??β??do d???i] スペイン語: [salβa?do? da?li]、ダリ・デ・プブル侯爵 Marques de Dali de Pubol(es)、1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペインフィゲーラス出身の画家シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(Salvador Domenec Felip Jacint Dali i Domenech)。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。


目次

1 生涯

2 エピソード

2.1 遺体の発掘


3 主な作品

4 ギャラリー

5 脚注

6 関連書籍

7 関連項目

8 外部リンク


生涯

ダリは1904年5月11日、スペインのカタルーニャ地方フィゲーラスで、裕福な公証人サルバドール・ダリ・イ・クシ (Salvador Dali i Cusi)の息子として生まれた[1]。母親フェリパ(旧姓ドメネク・フェレス)も富裕な商家出身で、一族は自らをユダヤ系の血筋と信じている[2]。ダリには幼くして死んだ兄がいて、同じ「サルバドール」という名が付けられていた。このことは少年ダリに大きな心理的影響を与えた。

少年時代から絵画に興味を持ち、パブロ・ピカソの友人であった画家のラモン・ピショット(en:Ramon Pichot)から才能を認められた。1922年マドリードのサンフェルナンド美術学校に入学し、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合った。ブニュエルとは、1928年にシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作した。

1925年、マドリードのダルマウ画廊で最初の個展を開いた[1]

1927年、パリに赴き、パブロ・ピカソトリスタン・ツァラポール・エリュアールルイ・アラゴンアンドレ・ブルトンら、シュルレアリスムの中心人物たちと面識を得た。

1929年夏、ポール・エリュアール[3]が妻とともにカダケスのダリを訪ねた。これが後にダリの妻となるガラ・エリュアールとの出会いであった。ダリとガラは強く惹かれ合い、1934年に結婚した。

王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生時代には、印象派キュビスムなどの影響も受けていたが、シュルレアリスムに自分の進む道を見出し、1929年に正式にシュルレアリスト・グループに参加した。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE