サルデーニャ遠征
[Wikipedia|▼Menu]

サルデーニャ遠征

サルデーニャ島、2014年撮影。上陸は南岸のカリャリと北岸のラ・マッダレーナで行われた。
戦争:フランス革命戦争
年月日:1792年12月21日 - 1793年5月25日
場所:サルデーニャ王国サルデーニャ島
結果:サルデーニャの勝利
交戦勢力
フランス第一共和政 サルデーニャ王国
スペイン王国
指導者・指揮官
ローラン・ジャン・フランソワ・トルゲ(英語版) ドメニコ・ミッレリレ(英語版)
戦力
5,000
地中海艦隊10,000
損害
戦死300
捕虜200
フリゲート2隻損失僅少
フランス革命戦争


ヴァルミー

マインツ (1792年)

ジュマップ

ネールヴィンデン

マインツ (1793年)

オンドスコート

ワッチニー

フルリュス

マルセイユ

リヨン

ヴァンデ

トゥーロン

イタリア戦役

モンテノッテ

ロディ

カスティリオーネ

アルコレ

リヴォリ

サン・ビセンテ岬

エジプト遠征

ピラミッド

ナイル

アッコ

第二次イタリア戦役

シュトックアッハ

第二次チューリヒ

マレンゴ

ホッホシュタット

ホーエンリンデン

表示

サルデーニャ遠征(サルデーニャえんせい、フランス語: Expedition de Sardaigne)はフランス革命戦争中の1793年地中海で行われた短期間の戦役。戦役は新生フランス共和国の地中海における初の攻勢であり、サルデーニャ王国領のサルデーニャ島をその標的としていた。サルデーニャは当時中立だったが、すぐに第一次対仏大同盟に参加した。戦役は大失敗に終わり、南のカリャリに対する攻撃も[1]北のラ・マッダレーナに対する攻撃も[2]敗北に終わった。

戦役は国民公会の指令により、ローラン・ジャン・フランソワ・トルゲ(英語版)率いるフランスの地中海艦隊が遂行した。フランス政府は地中海の戦略要地であったサルデーニャ島への侵攻命令を発しており、勝利は容易であると考えれていた。しかし侵攻軍の編成に手間取っている間にサルデーニャ人が軍を徴集、フランス艦隊が首都のカリャリ沖に到着した頃にはサルデーニャ人が準備を完了した。1回目の攻撃は強風(英語版)で失敗したが、2回目は1793年1月22日に行われた。フランス軍は2月11日に上陸したがクアルトゥ・サンテーレナの戦闘に追い返された。

その後、サルデーニャ北岸のラ・マッダレーナ島への攻撃も失敗、コルシカ人部隊のサボタージュがその一因となっている。また、この戦闘がナポレオン・ボナパルト(後のフランス皇帝)の初戦闘となった[2]。5月25日、サルデーニャ王国の艦隊はサン・ピエトロ島(英語版)とサンタンティーオコ島を奪回、サルデーニャにおける最後のフランス駐留軍を追い出した。戦役の影響としては、サルデーニャの住民がサヴォイア家に反乱(英語版)、コルシカ島が一時的にフランスから独立、トゥーロンのフランス海軍基地での反乱、そしてイギリス海軍によりフランス地中海艦隊がほぼ全滅したことなどがある。


目次

1 背景

2 経過

2.1 クアルトゥ・サンテーレナ上陸

2.2 ラ・マッダレーナでの不戦敗

2.3 終結


3 その後

4 脚注

5 参考文献


背景

1792年4月、ハプスブルク帝国プロイセン王国フランス第一共和政に宣戦布告したことで、フランス革命戦争が勃発した[3]。北イタリアのピエモンテ地中海サルデーニャ島で構成されたサルデーニャ王国は参戦しなかったが、フランスの軍事行動における主要な標的とされた。サルデーニャ島は肥沃で農業に適しており、地中海の要地となっているため、フランスではサルデーニャを占領できればサルデーニャ王国の大陸部とイタリア半島諸国を脅しつつ共和主義を広めることができると考えられていた[4]。さらに、サルデーニャ島への攻撃は容易であると考えられ、フランスの地中海艦隊の基地であるトゥーロンに遠征軍を集結させる命令が下された[5]

ローラン・ジャン・フランソワ・トルゲ(英語版)海軍少将が遠征軍を指揮したが、彼は遠征軍の招集に苦労した[6]。フランス全体、特に海軍は社会と政治の動乱の最中であり、兵士が十分に集まるのは12月のことだった。トルゲと地中海艦隊は輸送船でフランス陸軍を載せて、1792年12月21日にサルデーニャ南岸にある首都カリャリ沖に到着した[5]

サルデーニャ島ではフランスの攻撃の報せが数か月前に届いていたが、トリノにいた国王ヴィットーリオ・アメデーオ3世ら宮廷はサルデーニャ島への増援が挑発と見なされると恐れて増援をしなかった[5]。しかしサルデーニャ島の住民は敬虔なカトリックであり、フランス革命でカトリック聖職者が迫害されているはサルデーニャ人の反対を引き起こした。現地政府のスタメンティ(英語版)は歩兵4千と騎兵6千を招集することができたが、大砲が全く不足していた[6]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE