サルデーニャ王国
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年2月)
サルデーニャ王国
Regno di Sardegna

1720年 - 1861年3月17日


(国旗)(国章)

1815年のサルデーニャ王国

公用語イタリア語
フランス語
ピエモンテ語
オック語
首都カリャリ(名目上)
トリノ(事実上)
国王
1720年 - 1730年ヴィットーリオ・アメデーオ2世(初代)
1849年 - 1861年ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(→イタリア国王へ)

面積
1838年70,000km²

人口
1838年4,650,368人

変遷
成立1720年[1]
リソルジメント(イタリア統一)1861年3月17日

サルデーニャ王国(サルデーニャおうこく、イタリア語: Regno di Sardegna)は、18世紀から19世紀にかけて存在したヨーロッパの国家。領土は現在のイタリアフランスにまたがり、サルデーニャ島ピエモンテサヴォワニース伯領(アルプ=マリティーム県)を統治した。その存続期間の大半において、王国の本拠はサルデーニャ島ではなく大陸のピエモンテにあり、首都はトリノであった。

サヴォイア家が支配するこの王国は、19世紀のイタリア統一運動(リソルジメント)において中核となり、近代イタリア王国の前身となった。

本項ではサヴォイア家以前の「サルデーニャ王」についても略述する。
目次

1 概要

2 歴史

2.1 前史: 18世紀以前のサルデーニャ

2.1.1 「サルデーニャ王」の称号

2.1.2 スペイン継承戦争とサルデーニャ島


2.2 サヴォイア家のサルデーニャ王国

2.2.1 サルデーニャ王国の成立

2.2.2 フランス革命・ナポレオン戦争

2.2.3 イタリア統一への道



3 歴代国王

4 脚注

5 参考文献

概要

「サルデーニャ王」の称号は中世に登場し、その領土は名目上「サルデーニャ王国」となった。13世紀末以降、サルデーニャはイベリア半島のアラゴン王国(のちにスペイン王国)によって事実上の植民地として支配された。

サヴォイア(現在はフランス領のサヴォワ)から興ったサヴォイア家サヴォイア公国)は、1720年にシチリアと交換する形でサルデーニャの領土を獲得し、サルデーニャ王国を称した。サヴォイア家は従来通り大陸を本拠とし、ピエモンテのトリノを首都としたことから、「ピエモンテ王国」とも呼ばれる。ナポレオン戦争期には大陸領土を失陥し、サルデーニャ島のみを支配する国家となって、カリャリに本拠を移した。

1815年、ウィーン会議によりジェノヴァ共和国をふくむ旧領を回復。1860年に一応のイタリア統一を見、1861年にイタリア王国の建国が宣言された。
歴史
前史: 18世紀以前のサルデーニャ
「サルデーニャ王」の称号「サルデーニャ#歴史」および「サルデーニャ君主一覧」も参照

東ローマ帝国の支配が名目化した後、サルデーニャにはカリャリ、トッレス、ガッルーラ、アルボーレアの4つの「裁判区」(giudici)と呼ばれる自治区が形成されるが、これらを治めた「裁判官」(giudice)の中には、神聖ローマ皇帝から「サルデーニャ王」として承認される者もいた。しかし、中世に在地勢力からサルデーニャ全島の実効支配を達成した人物はなかった。11世紀以降、サルデーニャにピサジェノヴァの勢力が侵入し、両市による植民化が進む。

1297年ローマ教皇ボニファティウス8世は、アラゴンハイメ2世に対して、シチリア王国に関する権利を放棄してアンジュー家に返還するよう迫ったが、その見返りとしてサルデーニャ「王国」をコルシカとともに授封した。この返還はその後、事実上無効化されたが、両島の授封については1302年カルタベロッタの和約で追認された。

ハイメ2世は1323年からサルデーニャへの侵攻を開始したが、先住民やジェノヴァ人、ピサ人たちの抵抗に遭い、征服は進まなかった。しかし、その後1世紀近くにわたる抗争のうちに、ジェノヴァやピサの勢力は衰退し、アラゴン=カタルーニャ連合王国による支配が確立していった(コルシカはジェノヴァの勢力下にとどまった)。以後、サルデーニャは名目上アラゴン連合王国の一王国として、実態はカタルーニャ人の植民地として支配され、スペイン王国の成立後もこの状況が続いた。
スペイン継承戦争とサルデーニャ島

1700年にスペイン・ハプスブルク家が断絶すると、スペインにブルボン家の王を送り込んだフランスと、ハプスブルク家の同族であるオーストリアとが争い、ヨーロッパ諸国を巻き込んでスペイン継承戦争(1701年 - 1714年)が勃発した。サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世は、当初フランス側で参戦したが、途中でオーストリア側に転じている。

1713年に結ばれたユトレヒト条約で、サルデーニャ島はオーストリアに、シチリア島はサヴォイアに割譲された。ヴィットーリオ・アメデーオ2世はシチリア王(1714年 - 1720年)となった。

しかし、スペインは旧領回復を目指してサルデーニャ島とシチリア島を占領し、四カ国同盟戦争(1718年 - 1720年)が勃発。イギリス・フランス・オランダ・オーストリアの四国同盟に対して敗勢に回ったスペインは、1720年にハーグ条約を結んで和平に至った。この戦争ではシチリア島とその周辺の海上で同盟軍とスペインとの戦闘が展開された。サヴォイアは遅れて同盟に加わったため、大きな役割は果たさなかった。
サヴォイア家のサルデーニャ王国 1796年のイタリア(サルデーニャ王国は青)
サルデーニャ王国の成立

1720年、ヴィットーリオ・アメデーオ2世は、シチリア島をオーストリアカール6世に割譲し、その代償としてオーストリアからサルデーニャ島を割譲された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE