サラ・ジョセファ・ヘイル
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

サラ・ジョセファ・ヘイル
Sarah Josepha Hale
サラ・ジョセファ・ヘイル
ジェイムズ・リード・ラムディンによる1831年の肖像画
誕生(1788-10-24) 1788年10月24日
ニューハンプシャー州ニューポート
死没(1879-04-30) 1879年4月30日(90歳没)
ペンシルベニア州フィラデルフィア
職業詩人、雑誌編集者、著作家
国籍アメリカ合衆国
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サラ・ジョセファ・ヘイル(: Sarah Josepha Hale、1788年10月24日 - 1879年4月30日)は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州生まれの詩人小説家編集者である。童謡メリーさんのひつじ』の作詞者として知られている。感謝祭をアメリカ合衆国の祝日とする運動を行ったこと、バンカーヒル記念塔の完成に向けた運動を行ったことでも有名である。


目次

1 生い立ちと家族

2 作家

3 晩年と死

4 考え方

5 遺産

6 著作

7 脚注

8 参考文献

9 外部リンク


生い立ちと家族

サラ・ジョセファ・ヘイルは、生まれた時の名がサラ・ジョセファ・ビューエルであり、1788年10月24日にニューハンプシャー州ニューポートで生まれた。父はゴードン・ビューエル大尉、母はマーサ・ウィットルセイだった。両親ともに男女平等な教育が必要と考えていた[1]。サラは家庭内で母と兄のホレイショ(ダートマス大学に通っていた)の教育を受け、それ以外は独学だった。

サラは成長して、地元の学校教師になった。1811年、父がニューポートでライジング・サンと呼ぶ酒場を開いた。同年、サラは弁護士のデイビッド・ヘイルと出逢った[2]。この二人は1813年10月23日にライジング・サンで結婚した[2]。夫妻には5人の子供が生まれた。デイビッド(1815年生)、ホレイショ(1817年生)、フランシス(1819年生)、サラ(1820年生)、ウィリアム(1822年生)だった[3]。夫のデイビッド・ヘイルは1822年に死亡し[4]、サラは残りの人生を、永遠の喪の印として黒服を着て過ごした[1][5]
作家

1823年、夫が所属していたフリーメイソン支部からの財政的支援があり、『忘却の天才』と題した詩集を出版した。『ノースウッド: 北と南の生活』、1852年

それから4年後の1827年、最初の小説が、アメリカ合衆国では『ノースウッド: 北と南の生活』という題で、ロンドンでは『ニューイングランドの話』という題で出版された。この小説によって、奴隷制度に関する著書を出した最初期の小説家となり、またアメリカでは最初の女性小説家となった。この本はニューイングランドの美徳を国の繁栄のために従うべきモデルとして取り込んでもおり、即座に成功した出版となった[5]。また国内のアフリカ人奴隷アフリカリベリアに移して自由の身とさせることを支持していた。第2版(1852年)の序文では、次のように書いていた。国の領土内で奴隷を見るよりも、国を割ろうという者達の大きな誤りは、奴隷の主人がその兄弟であり、従僕でもあること忘れていることである。また、全ての者に善を施し、誰にも悪事をなさないようにする精神というものが、唯一真のキリスト教の慈善であるということである。

この本は、奴隷制度が如何に奴隷を絶対的に傷つけ人間性を奪うか、また主人の人格も奪い、その世界の心理的、道徳的、また技術的進歩を阻害するかについて記述している。

ジョン・ブレイク牧師が『ノースウッド: 北と南の生活』を称賛し、ヘイルにボストンに来て自分の雑誌「レディース・マガジン」の編集者を務めてくれるよう依頼した[6]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE