サクラ
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「さくら」と「桜」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「サクラ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

サクラ
桜 札幌円山公園ソメイヨシノの花
分類

:植物界 Plantae
:被子植物門 Magnoliophyta
:双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱:バラ亜綱 Rosidae
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
亜科:モモ亜科 Amygdaloideae
:スモモ属 Prunus
亜属:サクラ亜属 subg. Cerasus

和名
サクラ(桜)
英名
Cherry blossom



サクラ節 sect. Cargentiella

ミザクラ節 sect. Cerasus

ミヤマザクラ節 sect. Phyllomahaleb

ロボペタルム節 sect. Lobopetalum

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属[1] (Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。

サクラは日本文化に馴染みの深い植物である(サクラ#日本人とサクラ)。また、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種である。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきている。

現在、ヨーロッパ・西シベリア日本中国米国カナダ[2]など、主に北半球温帯に、広範囲に分布している[3][4]

サクラの果実はサクランボまたはチェリーと呼ばれ、世界中で広く食用とされる。

サクラ全般の花言葉は「精神の美」「優美な女性」西洋では「優れた教育」も追加される。


目次

1 概要

2 分類

2.1 突然変異と品種改良

2.2 遺伝子情報


3 生態

3.1 花


4 日本人とサクラ

4.1 歴史

4.2 日本を象徴する花

4.3 人気

4.4 利用

4.5 開花予想

4.6 桜と日本文化


5 用途

5.1 花・景観・イベント

5.2 食用

5.3 木材

5.4 その他


6 管理育成

6.1 剪定

6.2 土壌

6.3 水遣り

6.4 病害虫

6.5 環境

6.6 花見客による被害


7 語源

8 「さくらの日」

9 ギャラリー

9.1 日本国内

9.2 日本国外

9.3 種類別


10 関連語

10.1 スポーツ

10.2 地名・人名


11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

14 外部リンク


概要

サクラは、バラ科スモモ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、の塩漬けも食品などに利用される

園芸品種が多く、花弁の数や色、花のつけかたなどを改良しようと、日本ではフゲンゾウ等の例にみられるように浅くとも室町時代から多くの園芸品種が作られた。日本では固有種を含んだ9種もしくは10類[5]の基本種を基に、これらの変種を合わせて100種類以上の自生種があり、さらにこれらから育成された園芸品種が200種あり[6]、分類によっては600種ともいわれる品種が確認されている[7]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:86 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE