コンニャク
[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

^ “「Konjac」仏で注目、「健康食」売り込み”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2015年12月26日). ⇒オリジナルの2016年1月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/TSbi9 
^平成21年産作物統計(普通作物・飼料作物・工芸農作物)
^コンニャク開花 でも臭い… 茨城・取手市役所 [リンク切れ] - MSN産経ニュース、2011年2月17日
^ a b c 「 ⇒2 いも及びでん粉類」『日本食品標準成分表』 編:文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会、2015年12月25日、2015年版(七訂)。ISBN 978-4-86458-118-9。2016年10月15日閲覧。
^ 山本博崇、本間陽一郎、浜野孝、Meckel憩室による食餌性腸閉塞の1例 日本腹部救急医学会雑誌 Vol.30 (2010) No.1 P81-84, doi:10.11231/jaem.30.81
^ 中尾照逸、大尾充剛、内田寿博 ほか、「コンニャクによる食餌性イレウスをきたした Meckel 憩室の1例」 近畿大学医学雑誌 29(1), 17-19, 2004-04-25, NAID 110004615468
^ 高見元敞、木村正治、竹内直司ほか、腸管内異物によるイレウスの病像 ―食餌性イレウスと胆石イレウスを中心に― 腹部救急診療の進歩 Vol.7 (1987) No.4 P855-860, doi:10.11231/jaem1984.7.855
^ 大辻英吾、菊岡範一、辻本洋行 ほか、胃切除後に発症したシラタキコンニャクによる食餌性イレウスの1例 日本臨床外科医学会雑誌 Vol.54 (1993) No.4 P.991-994, doi:10.3919/ringe1963.54.991
^ 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』70P 角川ソフィア文庫
^ 関谷友彦、神戸良治、大河原順次朗、下仁田町のジオパーク活動 日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年年会合同学術大会(水戸大会) セッションID: T20-P-4, doi:10.14863/geosocabst.2011.0.371.0
^知ってますか?こんにゃくのこと マンナンライフ
^ 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』70P 角川ソフィア文庫
^ グルコマンナン, プルランならびにセルロースの血糖上昇抑制効果の比較、奥恒行ほか、日本栄養・食糧学会誌Vol.36 (1983) No.4 doi:10.4327/jsnfs.36.301
^ 広辞苑第6版、新村出編、岩波書店、2008年、ISBN 978-4-00-080121-8、広辞苑では糸蒟蒻の読みは「イトゴンニャク」のみ。
^ 尚学図書編集、林巨樹監修、現代国語例解辞典、小学館、1985年、ISBN 978-4-09-501041-0、小学館では糸ゴンニャクを糸コンニャクと濁らずに読む場合ありと記載
^ 大辞林では糸コンニャク(または糸ゴンニャク)となっている。大辞林第3版、松村明、2006年、三省堂、ISBN 978-4-385-13905-0
^ 「日本語の使い方」、年齢が低いほど、糸コンニャクと濁らずに呼称する傾向にある。 ⇒日本語アンケート「日本語の使い方 ジャストシステム
^ “ ⇒中島藤右衛門、粉コンニャクの発案者”. 茨城県. 2009年4月17日閲覧。[リンク切れ]
^ “ ⇒奥久慈のコンニャク”. 2009年4月17日閲覧。
^ “ ⇒中島 藤衛門(中島 藤右衛門)”. 茨城県. 2009年4月17日閲覧。
^近江八幡観光物産協会 特産品豆知識 赤こんにゃく
^コンニャクとしらたきの製造方法
^糸こんにゃくと白滝の違いは?
^フランス人が「しらたき」にハマる理由
^ 佐藤清一 『食の郷土史』1973年、 p.97
^ 織田信長が言ったから? 滋賀県のこんにゃくはただ赤いだけじゃない! マイナビニュース 2013年5月7日
^米国で「しらたき」が大人気! パスタ代用品として暴走中!? - 日経トレンディネット・2012年8月1日
^イタリアで人気の「ゼンパスタ」など。ダイエッターにおすすめのパスタをまとめて紹介! - ガジェット通信・2016年4月25日
^ 北原保雄他編 『日本国語大辞典』5、小学館、2001年、1216頁。ISBN 978-4-09-521004-9
^ 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』71P 角川ソフィア文庫
^関税割当に関する情報 農林水産省
^農林水産省年報 第2編各論 第2章 国際部
^ 関税暫定措置法第7条の3
^関税・外国為替等審議会 関税分科会 配付資料2-1 暫定税率等の適用期限の到来について(資料編)(平成27年10月27日)
^前原外相のコンニャク高関税発言 読売新聞2011年2月17日[リンク切れ]
^平成22年度関税率・関税制度改正要望事項調査票(延長)[リンク切れ]
^農林中金総合研究所 農林漁業・環境問題レポート 2005年11月 WTO農業交渉とこんにゃく産業

参考文献

武内孝夫 『こんにゃくの中の日本史』
講談社〈講談社現代新書〉。ISBN 4-06-149833-9

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、コンニャク(植物)に関連するメディアがあります。

ウィキメディア・コモンズには、コンニャク(食品)に関連するカテゴリがあります。


蒟蒻版

蒟蒻問答

蒟蒻閻魔

ショクダイオオコンニャク(死体花)

寒天 多糖類の水溶性繊維質であり、柔らかい食感、血糖値を下げる効果からダイエット食品として注目されるなど、類似点が多い。

外部リンク

“ ⇒
櫻岡源次衛門直方、コンニャクの大量生産を始めた人物”. 2009年4月18日閲覧。

日本こんにゃく協会

THE MAKING (147) こんにゃくができるまで


更新日時:2018年8月16日(木)04:54
取得日時:2018/08/18 05:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:50 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE