コンニャク
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

コンニャク
コンニャク
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:単子葉類 monocots
:オモダカ目 Alismatales
:サトイモ科 Araceae
:コンニャク属 Amorphophallus
:コンニャク A. konjac

学名
Amorphophallus konjac
K.Koch (1858) [1]
シノニム


A. rivieri [2]

A. rivieri var. konjac [2]

和名
コンニャク

コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科植物、あるいはその球茎から製造される食品である。

古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本中国ミャンマー韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある[3][4]

コンニャクの原料となるコンニャクイモの2007年度(平成19年度)の日本での収穫量は66,900t。主産地は群馬県 (89.5%) で、第2位栃木県 (4.1%) 、第3位茨城県 (1.7%) と続いて日本では約95%は北関東で生産されている[5]


目次

1 植物としてのコンニャク

2 食品としてのコンニャク

2.1 成分

2.2 製造法

2.2.1 製法の起源

2.2.2 添加物

2.2.3 しらたき・糸こんにゃく


2.3 調理法

2.3.1 玉コンニャク

2.3.2 刺身こんにゃく

2.3.3 手綱こんにゃく

2.3.4 氷コンニャク

2.3.5 赤こんにゃく

2.3.6 コンニャクゼリー

2.3.7 缶詰麺

2.3.8 パスタの代用



3 食品以外の用途

3.1 耐水性高分子素材

3.2 お化け屋敷の小道具


4 言葉・イメージ

5 こんにゃくと政治

6 脚注

7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク


植物としてのコンニャク

サトイモ科の夏緑多年草植物で、学名はAmorphophallus konjac。英名はelephant footあるいはdevil's tongueとも言う。地下茎はコンニャクイモ(蒟蒻芋)と呼ばれる。原産地はインドまたはインドシナ半島ベトナム付近)とされ、東南アジア大陸部に広く分布している。扁平な円形の地下茎があって地上には葉だけを出す。茎(実は葉柄)は高さ1mほどに伸び、先端は平らに開いて鳥足状に小葉をつける。小葉は柔らかくてつやがあり、楕円形。

株は次第に大きくなるが、ある程度大きくならないと花はつかない。栽培下では5-6年で開花する。開花するときには葉は出ず、また開花後に株は枯れる。花は全体の高さが2mほどにもなる。いわゆる肉穂花序の付属体は円錐形で高くまっすぐに伸び上がり、仏縁苞は上向きにラッパ状に開き、舷部(伸び出した部分)は背面に反り返る。花全体は黒っぽい紫。独特の臭いを放つ[6]

生のコンニャクイモはシュウ酸カルシウムのエグ味が強く、食用とするためには茹でるなどの下処理を行う。

なお、近縁種のヤマコンニャク(A. kiusianusまたはA. hirtus var. kiusianus)が四国南部から九州、南西諸島台湾に自生している。
食品としてのコンニャク

板こんにゃく、生いもこんにゃく[7]100 gあたりの栄養価
エネルギー29 kJ (6.9 kcal)

炭水化物3.3 g


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:49 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE