コンニャク
[Wikipedia|▼Menu]
■オプション
記事を表示
Wikipediaで表示
ノートへ移動
Googleで表示
 ↑画像参照
コピペモード
□本文ページのURL

■[コンニャク]を検索
Wikipedia内
Google携帯サイト
Google一般サイト
Yahoo!モバイル
Uncyclopedia
2chスレッド
□ハッシュ
  5丁目2433番地
■キーワードリンク一覧



分類
APG III

植物界
被子植物
単子葉類

オモダカ目

サトイモ科

コンニャク属

学名
K.Koch
[1]
シノニム
[2]
[2]
和名
学名
サトイモ科
植物
球茎
食品
日本
中国
ミャンマー
韓国
和食
[3]
[4]
2007年
群馬県
栃木県
茨城県
北関東
[5]


1 植物としてのコンニャク
2 食品としてのコンニャク
2.1 成分
2.2 製造法
2.2.1 製法の起源
2.2.2 添加物
2.2.3 しらたき・糸こんにゃく
2.3 調理法
2.3.1 玉コンニャク
2.3.2 刺身こんにゃく
2.3.3 手綱こんにゃく
2.3.4 氷コンニャク
2.3.5 赤こんにゃく
2.3.6 コンニャクゼリー
2.3.7 缶詰麺
2.3.8 パスタの代用
3 食品以外の用途
3.1 耐水性高分子素材
3.2 お化け屋敷の小道具
4 言葉・イメージ
5 こんにゃくと政治
6 脚注
7 参考文献
8 関連項目
9 外部リンク
植物としてのコンニャク


インド
インドシナ半島
ベトナム
東南アジア
肉穂花序
[6]
シュウ酸カルシウム
南西諸島
台湾
食品としてのコンニャク


[7]
エネルギー
炭水化物
食物繊維
脂肪
タンパク質
ミネラル
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
鉄分
亜鉛
マンガン
セレン
水分
マイクログラム
ミリグラム
国際単位
栄養摂取目標
[7]
炭水化物
食物繊維
[7]
炭水化物
食物繊維






コンニャクマンナン
多糖
糊化
アルカリ
水酸化カルシウム

食物繊維
ダイエット
健康食品
[8]
[9]
[10]
[11]
飛鳥時代
[12]
[13]
[14]
推古天皇
鎌倉時代
精進料理
元禄
[15]
貴州省
雲南省
四川省
小吃
成分


グルコース
マンノース
ヒト
微生物
脂肪酸
カロリー
グルコース
セルロース
プルラン
[16]
製造法



石灰
消石灰
煮沸
ひじき
海藻
[17]
[18]
[19]
[20]


次ページ
元文表示
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:49 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE