コンゴ民主共和国
[Wikipedia|▼Menu]

コンゴ共和国」とは異なります。
コンゴ民主共和国
Republique Democratique du Congo


国旗)(国章)
国の標語:Democratie - Justice - Unite
(フランス語:民主主義、正義、団結)国歌起てコンゴ人よ

公用語フランス語
首都キンシャサ
最大の都市キンシャサ
政府
大統領ジョゼフ・カビラ
首相ブルーノ・チバラ(フランス語版)

面積
総計2,345,410km211位
水面積率3.3%

人口
総計(2012年67,800,000人(???位
人口密度25人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2008年)6兆5,264億[1]コンゴ・フラン

GDP (MER)
合計(2008年)115億[1]ドル(113位

GDP (PPP)
合計(2008年)206億[1]ドル(81位
1人あたり328[1]ドル

独立
 - 宣言
 - 承認ベルギーより
1960年6月30日
通貨コンゴ・フラン (CDF)
時間帯UTC +1 ~ 2(DST:なし)
ISO 3166-1CD / COD
ccTLD.cd
国際電話番号243
衛星写真

コンゴ民主共和国(コンゴみんしゅきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。北西にコンゴ共和国、南西にアンゴラ、南にザンビア、東にタンザニアブルンジルワンダ、北東にウガンダ南スーダン、北に中央アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はキンシャサである。

アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がり、アルジェリアに続いてアフリカ大陸で第2位の面積を擁し、世界全体でも第11位の面積を擁する広大な国家である。1997年に現在の国名に改められたが、それまでの国名のザイールとしてもよく知られる。熱帯性気候。
目次

1 国名

2 歴史

2.1 コンゴ王国

2.2 ベルギー植民地時代

2.3 独立とコンゴ動乱

2.4 ザイール共和国(モブツ政権)・第一次コンゴ戦争

2.5 コンゴ民主共和国・第二次コンゴ戦争

2.6 民主化

2.7 2007年以降の暴力・紛争


3 政治

4 国際関係

4.1 日本

4.2 中華人民共和国


5 地理

6 行政区分

6.1 主要都市


7 経済

7.1 鉱業


8 交通

9 国民

9.1 民族

9.2 言語

9.3 宗教

9.4 教育

9.5 女性の地位


10 文化

10.1 音楽

10.2 世界遺産

10.3 祝祭日


11 著名な出身者

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク

国名

正式名称はフランス語で、Republique Democratique du Congo(レピュブリク・デモクラティク・デュ・コンゴ)。

公式の英語表記は、Democratic Republic of the Congo(デモクラティク・リパブリク・オヴ・ザ・コンゴ)。

日本語の表記はコンゴ民主共和国。簡略表記としては「コンゴ(旧ザイール)」が多いが、「DRコンゴ」と呼ばれることもある。「コンゴ」はバントゥー語で「山」を意味する[2]

1960年から1964年の間の正式名称は西のコンゴ共和国と同じ「コンゴ共和国」であったため[3][4][5]、区別のために、コンゴ・レオポルドビル、コンゴ・キンシャサなどと呼ばれた。

1885年 - 1908年 コンゴ自由国(ベルギー国王の私有地)

1908年 - 1960年 ベルギー領コンゴ


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:125 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE