コレステロール
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

コレステロール


IUPAC名

(10R,?13R)-?10,?13-?dimethyl-?17-?(6-?methylheptan-?2-?yl)-?2,?3,?4,?7,?8,?9,?11,?12,?14,?15,?16,?17-?dodecahydro-?1H-?cyclopenta?[a]phenanthren-?3-?ol
別称(3β)-コレスタ-5-エン-3-オール
コレスタ-5-エン-3β-オール
識別情報
CAS登録番号57-88-5
PubChem5997
日化辞番号 ⇒J2.804E
KEGGC00187
D00040 (医薬品)
RTECS番号FZ8400000
SMILES

CC(C)CCCC(C)C1CCC2C1 (CCC3C2CC=C4C3(CCC(C4)O)C)C

特性
分子式C27H46O
モル質量386.65 g/mol
外観白色または微黄色固体[1]
密度1.052 g/cm3
融点

148?150 ℃[1]
沸点

360 ℃(分解)
への溶解度0.095 mg/L (30 ℃)
溶解度アセトンベンゼン
クロロホルムエタノール
ジエチルエーテルヘキサン
ミリスチン酸イソプロピル、
メタノールに溶解
比旋光度 [α]D?31.5o (c = 2, Et2O, 20 ℃)[2]
出典
NIST
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。1784年胆石からコレステロールが初めて単離された。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。

コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。また、化粧品・医薬品・液晶の原材料など工業原料としても利用される。

食物由来のコレステロールのほとんどは動物性食品に由来する。卵黄に多量に含まれる。そのため卵の摂取量はしばしば研究の対象となる。植物のフィトステロール血漿中のコレステロール量を下げるとされる[3]

いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。善玉と悪玉の違いは複合体を作るリポタンパク質の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。


目次

1 名称

2 動植物への分布

3 資源

3.1 精製

3.2 食物由来コレステロール


4 化学

4.1 物性

4.2 定性試験

4.3 コレステリック液晶


5 生化学

5.1 悪玉コレステロールと善玉コレステロール

5.2 構造と生合成

5.3 生体膜とコレステロール


6 生理学

6.1 機能

6.2 生合成と吸収

6.3 体内輸送

6.4 分泌・代謝

6.5 調節

6.6 昆虫におけるコレステロール代謝

6.7 植物におけるコレステロール


7 健康とコレステロール

7.1 コレステロール値の増減に関わる因子

7.2 脂質異常症

7.3 動脈硬化症とコレステロール


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:160 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE