ケヴィン・クライン
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ケヴィン・クライン
Kevin Kline
2011年
本名Kevin Delaney Kline
生年月日(1947-10-24) 1947年10月24日(69歳)
出生地 アメリカ合衆国 ミズーリ州セントルイス
国籍 アメリカ合衆国
職業俳優歌手
ジャンル映画舞台
活動期間1972年 -
活動内容1978年:トニー賞受賞
1981年:トニー賞受賞(2度目)
1988年:アカデミー賞受賞
2017年:トニー賞受賞(3度目)
配偶者フィービー・ケイツ(1989年 - )
主な作品
ソフィーの選択』『再会の時
シルバラード』『遠い夜明け
ワンダとダイヤと優しい奴ら
チャーリー』『デーヴ
フレンチ・キス』『ノートルダムの鐘
アイス・ストーム』『イン&アウト
五線譜のラブレター』『美女と野獣

 受賞
アカデミー賞
助演男優賞
1988年ワンダとダイヤと優しい奴ら
全米映画俳優組合賞
男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)
2007年『お気に召すまま』
トニー賞
ミュージカル主演男優賞
1981年『ペンザンスの海賊』
演劇主演男優賞
2017年『プレゼント・ラフター』
ミュージカル助演男優賞
1978年『特急二十世紀』
その他の賞
ドラマ・デスク・アワード
ミュージカル主演男優賞
1981年『ペンザンスの海賊』
演劇主演男優賞
2004年ヘンリー四世
2017年『プレゼント・ラフター』
ミュージカル助演男優賞
1978年『特急二十世紀』ハリウッド名声の歩道
2004年 映画産業への貢献、映画・演劇業界への業績に対して

備考
ジュリアード音楽院
表示

ケヴィン・クライン(Kevin Kline, 1947年10月24日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身の俳優。『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(1988年)でアカデミー助演男優賞を受賞した。また、トニー賞は3度受賞している。


目次

1 来歴

1.1 プライベート


2 主な出演作品

2.1 映画

2.2 舞台


3 参照

4 外部リンク


来歴

ジュリアード音楽院で演技を学び、舞台俳優としてスタートした。オフ・ブロードウェイブロードウェイで活躍し、1978年の"On the Twentieth Century"と1981年の"The Pirates of Penzance"(『ペンザンスの海賊たち』)でトニー賞を受賞。その後テレビのソープ・オペラなどを経て映画界でも活躍している。

1982年、『ソフィーの選択』への出演で、日本でも顔が知られるようになった。以後はロマンス青春物での好青年を演じたり、舞台劇仕込みの奥の深い演技や、近年ではコミカルな脇役、憎まれ役など幅広く活躍する。舞台のプロデュースも多く手掛けている。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE