グラント・カークホープ
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

グラント・カークホープ
Grant Kirkhope

基本情報
生誕(1962-07-10) 1962年7月10日(55歳)
スコットランド エディンバラ
出身地イギリス ノース・ヨークシャー ナレスボロ(英語版)
ジャンルゲームミュージック
職業作曲家
担当楽器トランペット、ギター、キーボード
活動期間1995?現在
公式サイト ⇒www.grantkirkhope.com

グラント・カークホープ(英語: Grant Kirkhope、1962年7月10日[1] - )は、イギリス出身で、後にアメリカ合衆国の市民権を取得したゲームミュージック作曲家。ゲームミュージックへの貢献によって英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)、国際映画音楽批評家協会(英語版)(IMFCA)などの様々な賞にノミネートされている。


目次

1 来歴

2 作風

3 モンキーラップ

4 受賞

5 作品

5.1 作曲

5.2 声優

5.3 その他


6 脚注

7 外部リンク


来歴

スコットランドエディンバラに生まれ、5歳からノース・ヨークシャーのナレスボロ(英語版)で育ち、King James's School(英語版)に通った。王立ノーザン音楽大学(英語版)でトランペットを学んだ後様々なバンドに参加し[1]サックス奏者スネーク・デイビス(英語版)とともに「Zoot and the Roots(英語版)」にもトランペット奏者として参加していた[2]。またカークホープはイギリスのロックバンド「リトル・エンジェルス(英語版)」のバックバンドとして活動していた「the Big Bad Horns」にも参加しており、エドワード・ヴァン・ヘイレンボン・ジョヴィZZトップなどとともにツアーを行った[3]。エドワード・ヴァン・ヘイレンから直接エレキギターErnie Ball/Musicman EVHを譲り受けている[3][4]

1995年、友人であったロビン・ビーンランド(英語版)の推薦を受け、レア社に入社。レア社での初めての仕事は『Killer Instinct 2』でのギターとトランペットの演奏であり、初めてゲームミュージックの作曲を行ったのは『ゴールデンアイ 007』であった[3]。2008年からBig Huge Games(英語版)に所属し、『キングダムズ オブ アマラー:レコニング(英語版)』の作曲を行う。2012年からフリーランスとして活動している[5]。2017年、アメリカ合衆国の市民権を取得[3]。公開予定の映画『The King's Daughter(英語版)』で初めて映画の音楽を担当した[3]
作風

バンジョーとカズーイの大冒険』や『Yooka-Laylee(英語版)』に見られるような心地よく素朴な楽曲から、『ゴールデンアイ 007』でのヘビーメタル、『パーフェクトダーク』でのサイバーパンクスタイル、『キングダムズ オブ アマラー:レコニング』での雄大なオーケストラアレンジと作曲の幅は広い[3]
モンキーラップ

モンキーラップ(DK Rap)はカークホープが作曲した『ドンキーコング64』のオープニングで流れる楽曲で、日本版のCMにも使われた。歌詞中ではゲームに登場する各コングがラップに乗せて紹介される。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE