クロスボウ
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、武器について説明しています。企業については「クロスボー」を、スポーツカーについては「KTM・クロスボウ」をご覧ください。

クロスボウ(: crossbow)は、西洋で用いられたの一種であり、専用の板ばねの力で弦により発射する武器である。漢字圏で(ど、おおゆみ)と呼ばれるものとは構造がほぼ同一となっている。ヨーロッパでボルト (Crossbow bolt) 、クォレル(またはクォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。

日本語のボウガン(bowgun)は、株式会社ボウガンの商標名。新聞やニュース番組などでは用いず、クロスボウを和訳した洋弓銃(ようきゅうじゅう)という呼称が使われる。その他、クロスボウを訳した中国語で十字弓という呼称もある。 クロスボウ(右上)とその矢(下)・巻き上げ器(左)
ビクトリア&アルバート博物館所蔵
目次

1 歴史・変遷

2 狩猟用、スポーツ用のクロスボウ

3 近代、現代の兵器としてのクロスボウ

4 種類

5 登場作品

5.1 アニメ・漫画

5.2 ドラマ

5.3 ゲーム


6 脚注

7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク

歴史・変遷 レバーを引く方式 小野春風 /『前賢故実』より

同じ系譜の武器である東洋の弩が歴史に姿を現したのは紀元前6世紀頃からで、紀元前4世紀には機械式の弩も生まれていた。また、紀元前4世紀頃の古代ギリシアではガストラフェテス(γαστραφ?τη?,gastraphetes)という腹と地面を使い、体重をかけて固定して、背筋を使って弦を引く方式のクロスボウが存在した(γαστραは腹を意味しており、この武器の名前は「腹当て機」とも訳される)。

西洋ではクロスボウが狩猟に用いられることもあり、11世紀以降になってから戦争でも使用されるようになった。

それまで一般に使われていた弓は、他の武器に比べ射程が長く強力ではあるものの、を引き絞って構えるための筋力と、その状態で狙いをつけて放つための技術・訓練が必要で、狩猟などで弓を使う習慣のない民族にとっては扱いづらいものだった。 レバーを押す方式

これらの弱点を克服するために、台座に弓を取り付けることで固定し、あらかじめ弦を引いてセットしたものに矢を設置して引き金(トリガー)を引くことで矢を発射できるようにしたものがクロスボウで、素人でも扱いやすく、また、台座を固定して弦を引っかける時だけ力があればいいので、手では引けないような強力な弓を搭載できるためにその威力や射程も高まった。

弦を引く方式にはいくつかの種類があり、初期には、台尻の腹当てを腹にあてて体重を使いながら手で弦を引っ張ったり、鐙を取り付けたり、腰のベルトの鉤に滑車の鉤をかけて立ち上がることで弦が引かれる方式 ⇒[1]、ゴーツフット(goat'foot。山羊の脚)というレバーで弦の掛け金を梃子の原理で引く方式[1]、梃子の原理でレバーを押す方式、後部のハンドルをネジのように回すことでハンドルが後ろへ下がり弦が引かれるスクリューアンドハンドル(Screw and Handle)方式 ⇒[2]、後々にはウィンドラス(windlass)という後部に付ける大きな両手廻し式のハンドルを回して弦に繋がる滑車を巻き上げる方式や、クレインクイン(cranequin。クレインクラインとも)という下部や側部に付ける足掛け不要な片手廻し式ハンドルを回して歯車と歯竿で弦を引く(ラック・アンド・ピニオン)方式のクロスボウなども誕生した。一部には弓の張力をやや落してハンドル操作で矢のセットと弦をつがえる操作を行えるリピーター・ボウも登場したが、こちらは威力が小さく構造が複雑で故障も多かったため、あまり普及せずに終わっている。

クロスボウは安易に扱える上に威力が高かったため、被弾した兵士に致命傷を与える危険性があった。致命傷を与えてしまうことは、生け捕りにして身代金を要求するという当時の戦争のやり方にもそぐわない物だった。その為、各地の騎士・貴族からこの武器に対して猛反発が起こり、1139年インノケンティウス2世が召集した第2ラテラン公会議で、「キリスト教徒への使用」は非人道的として禁止する教令が出されるほどにもなった[2]。しかし、対異教徒に限定されず使用され、1199年リチャード1世がクロスボウによって死亡した事例なども見られる。 本体中央にあるハンドルがついた器具がクレインクラインである

中世のイスラム世界では、7世紀頃に中国から伝わった。足で押さえ付けて弦を引くことから足弓(qaws al-rijl)とも呼ばれ、引き金の両横に足の踏み場があるアクゥアル(qaws al-'aqqar)、先端に足を掛ける金具がある鐙弓(qaws al-rikab)などの発展系もある。9キログラム以上のボルトを打ち出す巨大なアクゥアルも見られる。11世紀頃の東ローマ帝国ではtzangra,tzagra,tzarcheなどと呼び、ペルシア由来の大型クロスボウはザンバーハ(zanburak;ペルシア語ハチを意味するzanburに由来)、軽量のクロスボウがアラビアで派生したものはジャーハ(jarkh)という。西欧人の武器としてフランク弓(qaws fereng)とも呼ばれた。

現代のクロスボウはボディが主にプラスチックやアルミニウム、チタンなどの軽量素材で製造されており、リム(limbs, 弓の部分)は概ねグラスファイバー製である。

ボルト(矢)はアルミニウムやCFRP(炭素繊維強化プラスチック)、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)が用いられる。

リムに滑車が搭載されているものはコンパウンドクロスボウ、それ以外はリカーブクロスボウと呼ばれる。

コンパウンドクロスボウは滑車の原理を利用したもので、ドローウェイト(弦を引くのに必要な力)が同じリカーブクロスボウと比べ、同じ質量の矢を発射した場合により大きな初速を得ることができる。

しかし、コンパウンドクロスボウはリムに滑車を搭載している構造上、リム自体が重くなり前方に重心が偏るフロントヘビーになりがちである。また、弦を交換する際にボウプレス(bow press)と呼ばれる専用の道具を用いる必要があるため、メンテナンスの容易さではリカーブクロスボウが勝ると言える。
狩猟用、スポーツ用のクロスボウ

扱いやすくするため、小型化、軽量化や使用の簡便化が図られている。大型で強力なクロスボウ(ヘビー・クロスボウ)に対して、ライト・クロスボウと呼ばれることもある。

また、バリスタのように石や弾も発射可能な、ストーンボウやバレット・クロスボウなどと呼ばれるタイプのクロスボウも作られた。

変わった用途としては、クジラの科学調査のために、クジラにクロスボウで特殊な矢を射ち込んで生体サンプルを採取する事例がある。
近代、現代の兵器としてのクロスボウ

クロスボウの原型となったの登場で駆逐されていったのに対し、武器の使用にさほどの熟練を必要とせずまた火器とも操作方法が共通するクロスボウは、ごく最近まで現用兵器として使われていた。大規模且つ一般的な戦場での兵器としては、第一次世界大戦での使用が最も新しい。もっとも、矢を発射するという本来の用法よりも、小型の爆発物を投擲するために使われることのほうがずっと多かった。

これは、よりも銃弾の方が射程・威力とも大きいこと、その一方で、第一次大戦において、塹壕を介した対峙が頻発したことによる。互いに塹壕内にいるために、銃撃は効果が薄く・手榴弾は届かない、という状況下で、クロスボウによる爆発物投擲は大きな効果があった。

また、銃砲はハーグ陸戦条約により消音装備を使用しにくい環境が生まれたこと(その消音装備も、実際に高い効果をもつ製品が現れたのは1970年代になってから)に対し、クロスボウはその影響を受けなかった。

つまりは、ハーグ陸戦条約という「スポーツマンシップ」が、クロスボウに現用兵器としての活躍の場を残したと言える。

第二次大戦以降、本格的な小型爆発物投擲兵器(グレネードランチャー。投擲用クロスボウよりもずっと小型で軽量かつ連射性・遠射性が高く、小銃との併用も可能)が導入されたことにより、投擲兵器としてのクロスボウは戦場からほとんど姿を消した。

しかし、消音・無音の兵器というメリットから、1970年代に銃が実用的な高性能の消音装置を得るまで、特殊部隊スパイによって特殊作戦などで敵の歩哨(見張り)や軍用犬の殺害に使われ続けた。もっとも、殺傷力は銃に比べてはるかに劣るため、対人用のクロスボウには矢じりに様々な「工夫」が施されていた。
種類

ガストラフェテス(Gastraphetes


アーバレスト(Arbalest) - に鉄を使った大型のクロスボウ。アーバレストの名称がクロスボウ一般を指して広義に使われる場合もある。また、バリスタを指すことも。

バリスタ - 特に大型のクロスボウ。持たずに大砲のように砲台にのせて使用することが多く、弓というよりは大砲に近い。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE