クリストファー・コロンブス
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

中立的な観点に基づく疑問が提出されています。(2017年12月)


正確性に疑問が呈されています。(2017年12月)


クリストーフォロ・コロンボ
(クリストファー・コロンブス)Cristoforo Colombo

生誕1451年
ジェノヴァ共和国 ジェノヴァ
死没1506年5月20日
カスティーリャ王国 バリャドリッド
職業探検家、航海者、奴隷商人
配偶者フェリパ・ペレストレリョ・エ・モイス
ベアトリス・エンリケス・デ・アラーナ(内縁)
子供ディエゴ・コロン
フェルナンド・コロン
署名

クリストファー・コロンブス(: Cristoforo Colombo[注 1]: Christophorus Columbus[注 2]西: Cristobal Colon[注 3]: Cristovao Colombo[注 4]: Christopher Columbus[注 5]1451年頃 - 1506年5月20日)は探検家航海者コンキスタドール奴隷商人。定説ではイタリアジェノヴァ出身。大航海時代においてキリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達した。
目次

1 ジェノヴァ時代

1.1 生誕

1.2 海とのかかわり


2 ポルトガル時代

2.1 リスボンでのコロンブス

2.2 西廻り航海の着想

2.3 王室への提案


3 スペイン時代

3.1 カトリック両王への売り込み

3.2 サンタ・フェ契約


4 航海

4.1 船出

4.2 「新大陸」上陸

4.3 インディアンへの大虐殺

4.4 晩年


5 航海などの関係略年表

6 評価

6.1 コロンブスは「アメリカを発見した」のか?

6.2 否定的評価

6.3 磁気偏角の発見者?


7 出自に関する諸説

7.1 ユダヤ人?

7.2 ポーランドの王子?


8 「コロンブスの卵」

9 その他

10 脚注

10.1 注釈

10.2 脚注

10.3 脚注2


11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク

ジェノヴァ時代
生誕

コロンブスは、1451年8月25日から10月末までの間に、ジェノヴァもしくはその近郊で生まれたという説が主流であった[1]が、これについては史料として裏付けとなる根拠がなく、異説も多いため、はっきりした事実は解らない。通説(ジェノヴァ説)では、毛織物職人一家で育った父ドメニコ・コロンボと母スサナ・フォンタナローサの間にはクリストファーを含み7人の子供がいたが、上の2人の子は若くして死亡したと考えられ、何の記録も残っていない[1]。弟は1?2歳下にバルトロメと17歳下にジャコモ(後にディエゴと呼ばれるように)、妹は2人いたが記録に残るのはピアンチネータだけである[1]。父は毛織物業を自営していたが一家は決して裕福ではなく、ワインチーズの売買も行っていた。 ジェノヴァにあるコロンブスのモニュメント
海とのかかわり

コロンブスと海とのかかわりは10代の頃から始まった。最初は父親の仕事を手伝って船に乗り、1472年にはアンジュー公ルネから対立するアラゴン王国ガレー船・フェルナンディア号拿捕の命を受けた船に乗ってチュニスに向かったという説もある[注 6]。1475年から翌年にはジェノ
ポルトガル時代
リスボンでのコロンブス

彼はジェノヴァ人共同体の助けを借りてリスボンへ移った[1]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:113 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE