クリスティアン・シンディング
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

クリスティアン・シンディング
Christian Sinding

基本情報
生誕1856年1月11日
ノルウェーコングスベルグ
死没(1941-12-03) 1941年12月3日(85歳没)
 ノルウェーオスロ
ジャンルクラシック
職業作曲家

ポータル クラシック音楽

クリスティアン・アウグスト・シンディング(Christian August Sinding, 1856年1月11日 - 1941年12月3日)は、コングスベルグに生まれオスロに没したノルウェー作曲家グリーグ以降で最も重要なノルウェー・ロマン派の作曲家[1]といわれる。


目次

1 人物

2 作品

2.1 交響曲

2.2 協奏曲

2.3 室内楽曲

2.4 ピアノ曲

2.5 合唱曲

2.6 歌劇


3 参考文献

4 脚注

5 外部リンク


人物

最初はヴァイオリニストを志し、オスロでグドブラン・ベーン(ノルウェー語版)にヴァイオリンを、ルドヴィク・マティアス・リンデマン(英語版)に音楽理論を学んだ。1874年からライプツィヒ音楽院でヘンリ・シュラディークにヴァイオリンを、カール・ライネッケザロモン・ヤーダスゾーンに音楽理論と作曲を学び、やがて作曲に才能があることがわかり作曲家に転向した[2]。初期の試みはあまりうまくいかなかったが(彼はのちにいくつもの初期の作品を破棄している)、1885年に初演されたピアノ五重奏曲ホ短調 op.5を皮切りに、変奏曲 op.2(1886年初演)やピアノ協奏曲変ニ長調 op.6(1889年初演)、交響曲第1番ニ短調 op.21(1890年初演)が国際的な好評を得たことにより、ノルウェーの音楽界における地位を確立した[2]

シンディングは40年近くもの長い間ドイツに住み、ドイツの音楽界と密接な繋がりがあったが、ノルウェー政府により1880年から定期的な奨励金を、1910年からは年金を支給されていた[2]。1921年には数か月間ニューヨーク州ロチェスターイーストマン音楽学校の作曲の客員教授となった[3]。1924年には彼の栄誉を称えてノルウェー政府からヘンリック・ヴェルゲラン(英語版)の邸宅であった「グロッテン(英語版)」が住居として提供された[2]
作品

ドイツ・ロマン派、特にリストワーグナーシュトラウスの影響が色濃い[1][2]。作品の中で特に有名なのはピアノ曲『春のささやき』である[4]。彼が生涯ドイツ・ロマン派の語法を固守したことや、死の直前にナチスのプロパガンダに利用されたことが原因となり[5]、『春のささやき』以外の作品はレパートリーから消えてしまっていたが、ロマン派の音楽への興味の復活(英語版)に伴い、他の作品が演奏されることも次第に増えてきている[4]

以下、括弧内は作曲年を表す。
交響曲

交響曲第1番 ニ短調 op.21(1880-1890年
[1]、1892年改稿[2]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE