クック諸島
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
クック諸島
K?ki '?irani(クック諸島マオリ語)
Cook Islands(英語)


国旗)(国章)
国の標語:なし国歌全能なる神よ

公用語クック諸島マオリ語英語
首都アバルア
最大の都市アバルア
政府
女王(英語版)エリザベス2世
女王名代(英語版)トム・マースターズ(英語版)
首相ヘンリー・プナ

面積
総計237km2x位
水面積率ごくわずか

人口
総計(2013年10,447人(223位
人口密度44人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2005年)3億3200万ニュージーランド・ドル1

GDP (MER)
合計(2005年)1億8320万ドル(???位

GDP (PPP)
合計(2014年)1億8320万ドル(216位
1人あたり9,100ドル

独立国
ニュージーランド1965年8月4日

通貨ニュージーランド・ドル1 (NZD)
時間帯UTC -10(DST:なし)
ISO 3166-1CK / COK
ccTLD.ck
国際電話番号682
註1: 通貨に関して3ドル紙幣と硬貨はクックアイランド・ドルとして独自のものを有している(通貨の項も参照)。

クック諸島(クックしょとう、: Cook Islands)は、南太平洋ポリネシアにある24の珊瑚環礁火山島からなる島国である。

ニュージーランド自由連合制をとり、国民はニュージーランド国籍を有する。軍事および外交の最終的な責任はニュージーランドが有するが、主権国家と同等の内政を行い、ニュージーランド政府の事前承認を経ずに独自の外交を行っている。国連には加盟しておらず国家として承認していない国が多いが、2001年以降諸外国との外交関係の樹立を積極化させている。現在は、国連に加盟する31か国およびバチカン欧州連合外交関係を締結している。日本は2011年3月25日にクック諸島を国家として承認し[1]、同年6月の首相夫妻来日を機に、実務レベルでの外交関係を開設した[2]


目次

1 歴史

2 地理

3 政治

4 経済

4.1 通貨

4.2 郵便


5 国民

6 交通

7 外交関係

8 脚注

9 外部リンク

10 関連項目


歴史

1770年ジェームズ・クックがヨーロッパ人として初めて発見し、諸島名も彼の名をとって名づけられた。その後1858年ラロトンガ王国が建国され、1888年イギリスの保護領となったが、1901年にニュージーランドの属領となった。

1965年、住民はニュージーランド内での内政自治権の獲得を選んだ。同時に軍事および外交部門以外の立法権および行政権をクック諸島政府が有することになった。1973年のニュージーランドとの共同宣言で、独自に諸外国と外交関係を持つ権利が認められる。
地理クック諸島の地理

南太平洋ポリネシアに点在する15の主要な島からなり、北部の諸島に6つの環礁が、南部の諸島に珊瑚礁で囲まれた7つの火山島と2つの環礁がある。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:44 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE