ギャル
[Wikipedia|▼Menu]

「ギャル」のその他の用法については「ギャル (曖昧さ回避)」を、「GAL」の用法については「GAL」をご覧ください。

画像提供依頼:age嬢(出来れば、ヘアスタイルやメイクの一般的な参考となる画像。愛知県名古屋市の栄やプリンセス通りなどを中心に活動する派手目な名古屋嬢でも可)、姫ロリ(2008 - 2009年A/WのLIZLISAのようなフォークロアスタイルの姫ギャルなどでも可。(※:ジーザスディアマンテ、リズリサなどの姫ロリは顧客と店員でファッションの温度差が高い可能性があるため、出来れば店員に近いファッションスタイルが好ましい))、2000年初頭のお姉ギャル(目の太い網タイツが流行した時期のモノならなお可)や1999年 - 2000年に流行した厚底ブーツや厚底サンダルなどのギャルに関係するアイテムの画像提供をお願いします。(2011年3月)
一般的な渋谷のギャル達。
(奥): 典型的なギャルメイク
(右): age嬢特有の盛り髪
(左): 夏場のギャル特有の露出の高い服装
(※:2007年夏頃の写真) 原宿系のギャル達(広義のギャル)
(上)ロック系、ヴィジュアル系に感化された原宿ギャル
(下)比較的ナチュラルなメイクをしている原宿ギャル
(※:写真は2006年 - 2007年頃)

ギャルは、英語において若い女性を指す girl(英語発音: [g??rl] ガール)の、アメリカ英語における俗語 gal(英語発音: [gal] ギャル)に由来する外来語日本語でも英語と同様の意味を持つ場合があるが、とりわけファッションやライフスタイルが突飛と見なされながらも、それらが同世代にある程度文化として共有されている若い女性たちを指す場合にも用いる。前者には文化的な意味あいはないが、後者には文化的な意味合いが強く、国外では世界の最先端とみなされることがあり、日本語のローマ字表記にあたる gyaru が英語に借用されている。近年、ギャル文化は新たな輸出産業として日本政府も注目しており、外務省などがリアル・クローズファッションショーなどを後援している。

本項では後者について詳述する。「Category:ファッションの傾向を表す言葉」も参照
目次

1 概要

2 歴史

2.1 ギャルファッションの多様性と分類

2.1.1 1970年代 -

2.1.2 1980年代 -

2.1.3 1990年代 -

2.1.3.1 コギャル

2.1.3.2 ヤマンバ


2.1.4 2000年代 -

2.1.4.1 マンバ

2.1.4.2 ビビンバ

2.1.4.3 白ギャル

2.1.4.4 お姉ギャル(オネギャル)

2.1.4.5 スポギャル

2.1.4.6 アルバカ

2.1.4.7 キグルミン

2.1.4.8 ロマンバ

2.1.4.9 サーフ系

2.1.4.10 サイケギャル(ヒッピーギャル)

2.1.4.11 age嬢(あげじょう)

2.1.4.12 姫ロリ


2.1.5 2010年代 -

2.1.5.1 渋谷系ギャル雑誌の相次ぐ撤退

2.1.5.2 若者文化の変化とギャルの盛衰

2.1.5.3 原宿系ギャルの台頭

2.1.5.4 新たな渋谷系ギャル




3 海外での評価

4 その他のギャルの傾向

4.1 パギャル

4.2 ヤンギャル

4.3 ギャルみこし

4.4 ギャルママ

4.5 ノギャルプロジェクト

4.6 渋ギャル


5 ピンポイント・ファッション

5.1 ギャルファッションにおける時代毎の変移と流行

5.2 主なブランド

5.3 ギャルのメイク

5.4 ギャルのヘアスタイル

5.5 安カワブランド


6 ギャルがよく行くショップビル

7 主なギャル系雑誌

7.1 発刊中

7.2 休刊


8 関連人物

9 脚注

10 参考文献

11 関連項目

11.1 ギャル・ファッション

11.2 地域・ショップビル

11.3 イベント・団体・番組



概要 渋谷系ギャルモデルの撮影風景
(左右)白ギャル
(中央)黒ギャル
(※:2009年池袋にて)

ギャルという言葉は、1972年昭和47年)にラングラーよりGalsという女性用ジーンズが発売された時から広まった[1]。また、東京においては1973年(昭和48年)に渋谷PARCOが開店し、新宿に代わって渋谷が若者の街として流行の最先端を担うようになるという変化があった。当時、ギャルはニューファッションに身を包んだ女性を指し、逆に若い女性向けの最先端のファッションを「ギャルファッション」とも呼ぶ。ギャルファッションには「渋谷系ギャル」と「原宿系ギャル」の2つに大別される。

渋谷系ファッションのギャルを「109系」などファッションビルの名称を使用して細分化する例が見られ、特に地方のギャルファッションを取り扱う商業施設をこのように呼称する場合も多い。代表的な例としては愛知県名古屋市にある近鉄パッセや、福岡県福岡市にある天神コアなどこうした商業施設のファッションを109系と呼ぶ。この他に商業施設の名称を使用したギャルファッションの細分化に「丸井パルコ系」などと呼ばれるものもある。

一方、渋谷系ファッションに限らず原宿系ファッションに対してもギャルという言葉が用いられる場合もある。この理由は原宿系ファッションも10代中盤から後半、20代前半にかけての最先端ファッションの1つとして広く認識されているのが大きな理由でもある。ファッションのテイストやメイクの手法が根本的に違うために厳密には彼女らのファッションは全く別の変異を遂げたギャルである。原宿系ギャルは元来はロック系のファッションを取り扱う店舗も多かったことと、ロック系のメイクは細部の異なりはあるもののギャルのメイクを踏襲した手法が用いられるため、こうした女性が集まるために原宿系を「ギャル」と誤認されたともいえ、この場合は広義におけるギャルとも見做せるが、その興りと歴史には差異が見られる。

当初、ギャルとは渋谷系ファッションとして興ったものであった。その為、狭義におけるギャルとは1990年代中期から末期にかけて、渋谷を中心に活動する前衛的なファッションをする女性を指して表現する言葉であった。当時は女子高生や女子中学生といった世代を反映してコギャル、あるいはマゴギャルなどという語で呼ばれることが多かったが、現在ではどの世代もギャルを使用することで落ち着いている。また、当時はお姉系というファッションも流行を示していたが、この言葉は本来はギャルに該当する女性が趣味嗜好をそのまま維持して大人になった者を指していたが現在は過去にギャルであったか否かは別として独立的なファッションを形成している。また、ギャルファッションが進化を遂げる過程で、その中間的な役割としてお姉ギャル(オネギャル)という存在もあったが、ファッションの系統の分類が明確化された現在では前述の通りギャルとお姉系が完全に別物もファッションとなってしまった為、お姉ギャルという言葉はファッション用語としてあまり用いられなくなりつつある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:144 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE