キク
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「菊」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「キク (曖昧さ回避)」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月)

キク
輪菊
分類

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:キク類 Asterids
:キク目 Asterales
:キク科 Asteraceae
:キク属 Chrysanthemum
:イエギク Chrysanthemum morifolium

学名
Chrysanthemum × morifolium Ramat.
和名
イエギク
英名
florists’ daisy

キク(菊)は、キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(イエギク、栽培ギク)について詳述する。

日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ[1]


目次

1 概要

2 歴史

2.1 中国

2.2 日本

2.3 ヨーロッパ


3 キクの代表的な品種

3.1 大菊(一輪菊)

3.2 中菊

3.3 小菊

3.4 スプレー菊

3.5 クッションマム(ポットマム)

3.6 古典菊

3.7 食用


4 異称

5 仕立て

5.1 三段仕立て盆養

5.2 ダルマづくり

5.3 福助づくり

5.4 懸崖づくり

5.5 千輪咲き

5.6 その他の仕立て


6 文化

6.1 行事

6.2 イベント

6.3 象徴

6.4 競馬


7 日本における都道府県・市区町村の花

7.1 廃止市町村


8 キクと名のつく生物

8.1 キク科

8.1.1 野菊

8.1.2 日本国外


8.2 キク科以外

8.3 動物


9 脚注

10 参考文献


概要菊花紋章(十六弁八重表菊紋)

イエギク(家菊、学名 Chrysanthemum × morifolium syn. Chrysanthemum × grandiflorum Kitam.)は、キク科キク属の植物。

秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給されている(電照菊を参照)。食用にする「もってのほか」などの品種もある(食用菊を参照)。花言葉は「高貴」である。観賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培されている。また、切花としては温室での電照栽培で周年出荷されている。バラカーネーションとともに生産高の多い花卉となっている。

日本では、薬草や観賞用植物として平安時代より用いられ、宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句(旧暦9月9日)が明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われている。日本で菊の栽培が盛んになったのは、栽培のプロセスが冬に芽をとり、春に植え、夏に成長させ、秋に観賞するといった具合で、イネの栽培と類似していることが影響しているとの説もある。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:50 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE