ガチャピン
[Wikipedia|▼Menu]
ポンキッキシリーズ > ガチャピン

ガチャピン
Gachapin
対象 日本東京都新宿区港区
分類テレビ番組のマスコットキャラクター
モチーフ恐竜
デザイン片桐襄二
指定日1973年4月2日
指定者フジテレビジョン
性別男
身長165 cm
体重80 kg
備考所属:フジテレビUUUM
公式サイト ⇒ガチャピン・ムック公式WEBサイト
テンプレートを表示

ガチャピン(生年不詳4月2日 - )は、フジテレビ系の子供番組ひらけ!ポンキッキ』を初めとする様々なフジテレビ系番組において、主として着ぐるみの形で登場するキャラクター。設定上、南国生まれの恐竜の男の子で、年齢は永遠の5歳(かつては5年に1歳ずつ年をとるという設定だった)、身長は165cm、体重は80kgとされる。特技はスポーツ全般。

誕生日である4月2日は『ひらけ!ポンキッキ』の放送が開始された1973年4月2日に由来する(「正確な誕生日は不明だが、テレビで日本のお友達に初めて会った日を誕生日にしている」という設定[1])。
目次

1 概要

1.1 キャラクターについて

1.2 「ポンキッキ」シリーズでの活躍

1.3 ブログ・SNSにおける活動

1.4 ルーツ


2 シングル「たべちゃうぞ」

2.1 解説

2.2 収録曲

2.3 収録作品


3 レギュラー出演番組

3.1 過去


4 ゲスト出演

4.1 テレビ番組

4.2 CM

4.3 その他

4.4 別個体


5 コラボレーション

6 書籍

7 関連項目

7.1 ガチャピンの愛称をもつ著名人など

7.2 その他


8 脚注

9 外部リンク

概要
キャラクターについて

全身緑色で丸い頭、半開きで眠そうな垂れ眼。口元からは前歯が2本飛び出している。背中には背があり、お腹の部分だけが黄色とピンクの縞模様になっている。両手首にエネルギーボールが7個ずつあり、勇気と力の源とされている。ムック(雪男の子供)とコンビを組む。日本ソフト映像倶楽部社長の片桐襄二が原案・デザインを担当(一説にはスタジオぬえがデザインしたともされる)。眠たげで穏やかなその表情は、同番組を制作した日本テレワーク野田昌宏社長をモデルとしている。ビートルズポール・マッカートニーがモデルだという説もあった(相方のムックのモデルがジョン・レノンであるという説と合わせて、これは都市伝説と化しているが、根拠はない[2])。

自己紹介の決まり文句は「ガチャガチャピンピン、ガチャピンで?す」。

声優は、初期は矢沢邦江2014年3月まで雨宮玖二子、同年4月以降は非公表。
「ポンキッキ」シリーズでの活躍

『ひらけ!ポンキッキ』放送初期では「船長(キャプテン)」が南の島から持ってきた卵から生まれたという設定で、のんびりとした内気な性格だった。その後、冒険心旺盛なスポーツマンという性格が前面に押し出されるようになり、番組内でスキージムカーナならびにサーキット走行[3]ロッククライミングハンググライダースクーバダイビング空手極真空手初段)、体操ボウリングフィギュアスケート、果ては1998年8月にカザフスタンバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-28に搭乗し、ロシアの宇宙ステーションミールに到着、宇宙飛行まで行っている(地球環境問題に興味を持っており、宇宙飛行を決意したのもこれがきっかけと語る)。ただし2003年『ポンキッキーズ21』内で放送されたボウリングの試合でミスを連発し、ボウリングは苦手だと語っている。2008年11月17日には『Beポンキッキ』で共演のダンテ・カーヴァーと共にヒマラヤ山脈のヤラピーク登頂に成功した。これはソフトバンクのコマーシャルとしてフジテレビ限定で放送された。

番組内の曲「2100ねん ガチャピンキッド」では地球の危機が迫った時の正義のヒーロー「ガチャピンキッド」に変身している。また、同じく正義のヒーロー・科学忍者隊ガッチャピンが登場している。ガチャピンとの関連は不明だが、本人曰くガッチャピンとは別人(友人)とのこと。

フジテレビ『ガチャガチャポン!』では「友情出演」としてバーのマスター役でレギュラー出演し、キャラクターのガチャパン!からは「師匠」と呼ばれていた。
ブログ・SNSにおける活動

2006年7月からフジテレビKIDSクラブ公式サイト内でブログを開始。本当はコメントへのレスをしたいのだが、手指の構造上、タイピング速度が非常に遅いため断念しているとのこと。書籍「ガチャピン日記」では一部のコメントの紹介と共にレスを返している。記事によると意外にも流行や新しい物に敏感のようである。パソコンWindowsMacintosh両方を使いこなし、2007年1月、マイクロソフトが発売した新しいOSソフトWindows Vistaにも興味があるらしく、発売日のブログには番組プロデューサーに自身のPCにも入れ替えて欲しいと要望案を書いている。またiPhoneは、ガチャピンの指では反応しないとのこと。また2009年7月1日からはTwitterも開始しており[4]、日本語アカウントとしては最多のフォロワー数だったこともある[5]。2018年4月2日、自身のTwitterアカウントとブログにおいて最後の投稿を行い更新終了を宣言した[6]

2018年7月18日、UUUMとの協業により、自らのYouTube公式チャンネル『ガチャピンちゃんねる【公式】』を開設、この日の午前5時よりコンテンツ配信を開始[7]。初収録では、王道ネタのスライム作りやメントスコーラ作りに挑戦した。
ルーツ

この節の加筆が望まれています。

2012年4月より、ポンキッキシリーズ40周年記念事業の一環に、ガチャピンを実際の恐竜に当てはめ、そのルーツ(先祖)を研究した『ガチャピン創世記』が福井県立恐竜博物館の協力で企画された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:81 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE