カール・マルクス
[Wikipedia|▼Menu]

カール・ハインリヒ・マルクス
Karl Heinrich Marx
1875年8月24日のマルクスの写真
生誕 (1818-05-05) 1818年5月5日
ドイツ連邦・ プロイセン王国・ニーダーライン大公国県(ドイツ語版)トリーア
死没 (1883-03-14) 1883年3月14日(64歳没)
イギリスイングランドロンドン
時代19世紀の哲学
地域西洋哲学
配偶者イェニー・フォン・ヴェストファーレン
学派大陸哲学唯物論科学的社会主義共産主義、若いころは青年ヘーゲル派
研究分野自然哲学唯物論自然科学歴史哲学倫理学社会哲学政治哲学法哲学経済学、各国の近現代史、政治学社会学資本主義経済の分析
主な概念弁証法的唯物論史的唯物論疎外労働価値説階級闘争剰余価値搾取価値形態
影響を受けた人物:

チャールズ・バベッジゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハバールーフ・デ・スピノザピエール・ジョゼフ・プルードンマックス・シュティルナーアダム・スミスヴォルテールデヴィッド・リカードジャンバッティスタ・ヴィーコマクシミリアン・ロベスピエールジャン=ジャック・ルソーウィリアム・シェイクスピアヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテクロード=アドリアン・エルヴェシウスポール=アンリ・ティリ・ドルバックユストゥス・フォン・リービッヒチャールズ・ダーウィンシャルル・フーリエロバート・オウエンモーゼス・ヘスフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーコンスタンタン・ペクールアリストテレスエピクロスなど

影響を与えた人物:

大陸哲学系現代思想フランクフルト学派批判理論、多くのマルクス主義者分析的マルクス主義マルクス経済学など

署名
テンプレートを表示

カール・ハインリヒ・マルクス(ドイツ語: Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツプロイセン王国出身の哲学者思想家経済学者革命家1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。

フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治思想に多大な影響を与えた[注釈 1]
目次

1 概要

2 生涯

2.1 出生と出自

2.2 幼年期

2.3 トリーアのギムナジウム

2.4 ボン大学

2.5 ベルリン大学

2.6 大学教授への道が閉ざされる

2.7 『ライン新聞』のジャーナリストとして

2.8 結婚

2.9 フォイエルバッハの人間主義へ

2.10 パリ在住時代

2.10.1 「人間解放」

2.10.2 そして共産主義へ


2.11 ブリュッセル在住時代

2.11.1 唯物史観と剰余価値理論の確立

2.11.2 共産主義者同盟の結成と『共産党宣言』


2.12 1848年革命をめぐって

2.12.1 ベルギー警察に逮捕される

2.12.2 共産主義者同盟をパリに移す

2.12.3 ケルン移住と『新ライン新聞』発行

2.12.4 革命の衰退

2.12.5 武装闘争とプロイセンからの追放


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:644 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE