カール・ハインリヒ・コッホ
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年3月)
Karl Heinrich Koch

カール・ハインリヒ・コッホ(Karl Heinrich Emil Koch, 1809年6月6日 - 1879年5月25日)はドイツ植物学者である。北部トルコを含むコーカサス地方の植物調査を行った。
生涯

ヴァイマルのエッタースベルク (Ettersberg) で生まれた。イェーナ大学ヴュルツブルク大学で学び、1834年からイェーナ大学で教え始めた。1836年から1938年の間、南ロシアの調査を行い、1843年から1844年には小アジア、アルメニア、カピス海、コーカサス山地を訪れ、これらの成果は『オリエントの旅行』(Wanderungen im Orient, Weimar, 1846-1847) として出版された。

1847年にベルリン大学に移り、後に助教授に任じられた。1849年からベルリン植物園で働き、1852年にベルリン園芸協会 (Verein zur Beforderung des Gartenbau) の事務局長を務め、『園芸植物週刊誌』(Wochenschrift fur Gartnerei und Pflanzenkunde, 1858-1872) を出版した。

専門分野は樹木学や園芸学であったが、民俗学などの分野の著作も残した。K.Kochは、植物の学名命名者を示す場合にカール・ハインリヒ・コッホを示すのに使われる。(命名者略記を閲覧する/IPNIで ⇒Author Detailsを検索する。)
著作

Wanderungen im Oriente, 1846.

Hortus dendrologicus, 1853?1854.

Die botanischen Garten. Ein Wort zur Zeit., 1860.

Dendrologie, 1869 bis 1873.

Die deutschen Obstgeholze, 1876.

典拠管理

WorldCat Identities

BIBSYS: 7024577

BNF: ⇒cb14624285w(データ)

植物学者: ⇒K.Koch

GND: 117527483

ISNI: ⇒0000 0000 8084 8407

LCCN: ⇒no2001079619

SELIBR: 255771

SNAC: ⇒w6t27svb

SUDOC: 131952641

VIAF: 5184920



更新日時:2015年9月16日(水)03:29
取得日時:2018/10/15 23:33


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:4728 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE