カンノンチク
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

カンノンチク属 (Rhapis)

分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:単子葉類 monocots
階級なし:ツユクサ類 commelinids
:ヤシ目 Arecales
:ヤシ科 Arecaceae
:カンノンチク属 Rhapis
:カンノンチク R. excelsa

学名
Rhapis excelsa (Thunb.) A.Henry ex Rehder

(本文参照)

カンノンチク(観音竹、Rhapis exelsa)は、小柄なヤシ科植物の一種。掌状複葉の葉はお椀のように上に反り、少数にだけ裂ける。古くから栽培され、古典園芸植物としての品種も多い。


目次

1 概説

2 特徴

3 分布、および由来

4 分類

5 利用

5.1 その歴史

5.2 鑑賞


6 出典

7 参考文献

8 外部リンク


概説

小型のヤシ科植物で、葉は掌状に裂けるが、裂片の数はごく少ないのが特徴。江戸時代に日本に渡来し、古典園芸植物として栽培されるようになった。かつては庭植えもしたが現在では普通は鉢植えで栽培され、葉や姿形で品種を命名し、また縞模様を持つものもある。何度かブームを起こし、時に投機の対象となり、大変な高額で取引されたこともあった。
特徴果実

常緑の低木で、短い地下茎を伸ばして繁殖する[1]。茎は直立して高さ2mまで、太さは2cm程に達する。茎は分枝することなく、その表面は古い葉鞘とその繊維で硬く包まれる。繊維は黒褐色だが、実際の樹皮は緑色。葉は茎の先端に集まって生じ、長い葉柄の先の葉身は長さ15-25cmほどで、掌状に4-8片に割れる。葉身には縦襞があり、表面に向かって膨らんでいて、先端は細かく割れ目が入る。葉質は硬くて緑が色濃い。

花期は初夏で、雌雄異株である。穂状花序は長さ20-30cmで、まばらながら円錐形に集まる。果実は広楕円状球形で、反り返った硬い鱗片で外側が覆われる。

和名は観音竹の意味であるが、これは漢名ではない。おそらく琉球の寺院の山号である観音山(園芸植物大図鑑はこれを首里の観音堂のこととしている[2])に由来し、その寺院で栽培されていたのではないかと牧野は述べている。牧野は他に別名としてリュウキュウシュロチクを挙げている。
分布、および由来

南中国原産である。日本では鉢植えで栽培される。日本本土には江戸時代(17世紀半ば[3])に琉球を経由して持ち込まれた。欧米への流出は中国からで、1837年にアメリカに持ち込まれ、特にフロリダやカリフォルニア南部で栽培された。
分類

同属にはやはり古典園芸植物として栽培されるシュロチクがある。シュロチクの方が葉の裂片が多く、個々の裂片が細長く、全般にほっそりしている[4]
利用

観葉植物として栽培され、主に鉢物で鑑賞される。日本では江戸時代に栽培が始まり、以降に多くの品種を生み出し、古典園芸植物の1つとして扱われる。その際の名は観音竹である。
その歴史

上記のように日本への渡来は江戸時代中頃までと考えられ、類似のシュロチクはそれより前に入っていたらしい[5]。当初はこれらはよく混同され、やがて後者が日本産のシュロに似ていることからその名で呼ばれるようになり、本種は渡来元の名を引き継いだ。当初は庭植えが行われ、そのために南の温暖な地域のみで育てられたものが、やがて鉢植えで鑑賞するようになり、各地に広まった。江戸時代にはすでに斑入り品種が記録されている。大正時代の後期には栽培技術も進歩し、新たな非理品種の発見もあって人気が高まり、昭和初期には大人気となり、値段が高騰した。栽培者や商人も増え、台湾などからの輸入も増加した。

第二次大戦でひとまず沈滞期に入るが、昭和24年から26年にかけて再び価格が高騰した。それがひとまず沈静した後、昭和40年代には新たな銘品が続々と現れ、当時の経済状況の影響もあって、投資の対象としてこれらを見る向きが出現した。この頃の品種数は約70といわれる[6]。しかし昭和43年にはそれら高級品種の値も大幅に下落し、それ以降は一般の手の出せる観葉植物となっていった。

ちなみにガーデンライフ編(1967)はこの最後のブームのさなかの出版とあって、この頃の熱気を垣間見ることが出来る。この書には当時の価格が表記されており、これは葉が5-6枚ある株分けで作った子苗の上等のものとのことで、安い方では「小達磨」が\500、普通に高価なもので「愛国殿」が\40000などとある中に、「達磨の縞」が\15,000,000などというのが見つかる。さらに「天山の縞」は\30,000,000、これについては昭和36年に和歌山の園芸家が見つけ出し、それを確認した専門家が顧客の事業家に声をかけると数百万で買い取り、それが株分けで増えてこの時点で10数株、それがこの価格であるとのこと。

このような流れの中で規模の大きい栽培業者も現れ、業界団体として『日本観棕竹連盟』が昭和13年に、これを引き継いで『日本観棕竹聯合会』が昭和16年に、さらに全国組織として昭和22年に『日本観棕会』が京都で発足した。
鑑賞天山白縞
天山の縞とは別

園芸品種は斑のない「青葉種」と斑の入る「斑入り種」に分けるが、後者は前者からの変異で出現するものである[7]。また在来のもの、台湾系などの由来による区分もある。在来種系は葉が細かく割れ、葉柄は細く、台湾系は葉幅が広くて葉の割れ数も少なく、葉柄も太い[8]と言うが、品種の形質とは必ずしも関わらない。見所になるのは青葉種では葉の大きさ、葉の形、葉の色やつや、葉が垂れ下がるかどうか、葉柄の太さ、茎の節間の長さなど、斑入り種ではそれらに加えて斑の型や色などが評価される。

斑の形は基本的には縞で、葉の葉脈沿いに縦に白い模様が入るものである。他の古典園芸植物に見られるような覆輪[9]や中斑[10]、虎[11]といったものはない。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:12 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE