カブ
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、野菜について説明しています。その他の用法については「カブ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

「かぶら」はこの項目へ転送されています。鏑(かぶら)については「鏑矢#鏑」をご覧ください。

「カブラ」はこの項目へ転送されています。西洋野菜については「ルタバガ」をご覧ください。

カブ
八百屋で販売のカブ
分類

階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:バラ類 Rosids
:アブラナ目 Brassicales
:アブラナ科 Brassicaceae
:アブラナ属 Brassica
:ラパ rapa
変種:カブ(ヨーロッパ系) var. rapa

カブ(アジア系) var. glabra

学名
Brassica rapa L. var. rapa

Brassica rapa L. var. glabra
和名
蕪、蕪菁
英名
Turnip
ドイツのカブ

カブ、生100 gあたりの栄養価
エネルギー117 kJ (28 kcal)

炭水化物6.43 g
糖分3.8 g
食物繊維1.8 g

脂肪0.1 g
飽和脂肪酸0.011 g
一価不飽和脂肪酸0.006 g
多価不飽和脂肪酸0.053 g

タンパク質0.9 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテンルテイン
ゼアキサンチン(0%)0 μg(0%)0 μg0 μg
チアミン (B1)(3%)0.04 mg
リボフラビン (B2)(3%)0.03 mg
ナイアシン (B3)(3%)0.4 mg
パントテン酸 (B5)(4%)0.2 mg
ビタミンB6(7%)0.09 mg
葉酸 (B9)(4%)15 μg
ビタミンB12(0%)0 μg
コリン(2%)11.1 mg
ビタミンC(25%)21 mg
ビタミンD(0%)0 IU
ビタミンE(0%)0.03 mg
ビタミンK(0%)0.1 μg

ミネラル
ナトリウム(4%)67 mg
カリウム(4%)191 mg
カルシウム(3%)30 mg
マグネシウム(3%)11 mg
リン(4%)27 mg
鉄分(2%)0.3 mg
亜鉛(3%)0.27 mg
マンガン(6%)0.134 mg
セレン(1%)0.7 μg

他の成分
水分91.87 g


単位

μg = マイクログラム ? mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。
出典: ⇒USDA栄養データベース(英語)

カブ(蕪)はアブラナ科アブラナ属越年草。代表的な野菜根菜類)の一つで、別名はカブラ、カブナ、カブラナ、スズナ(鈴菜、菘)、ホウサイ(豊菜)、ダイトウナ(大頭菜)[1]、など数多い。

「カブ」の語源は諸説あり、頭を意味する「かぶり」、根を意味する「株」、またはカブラの女房詞である「オカブ」からとされている。

江戸時代は漢語で蕪菁(ブセイ、wujing)、蔓菁(マンセイ、manjing)、扁蘿蔔(ヘンラフク、bianluobo)などと呼ばれていた。


目次

1 概要

2 別種

3 生産

3.1 品種


4 利用

5 文化

6 脚注

7 関連項目

8 参考文献

9 外部リンク


概要

カブは世界中で栽培されているが、分類上はアフガニスタン原産のアジア系と、中近東から地中海沿岸原産のヨーロッパ系との2変種に分かれる。原産地についてはヨーロッパもしくは中央アジア起源の一元説や二元説がある[2]


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE