カナダ
[Wikipedia|▼Menu]

「カナダ」のその他の用法については「カナダ (曖昧さ回避)」をご覧ください。
カナダ
Canada


国旗)(国章
国の標語:A Mari Usque Ad Mare
(ラテン語: 海から海へ)国歌O Canada(英語)
O Canada(フランス語)
オー・カナダ

公用語英語 フランス語
首都オタワ
最大の都市トロント
政府
女王エリザベス2世
総督ジュリー・ペイエット
首相ジャスティン・トルドー

面積
総計9,984,670km22位
水面積率8.9%

人口
総計(2016年3629万人(36位
人口密度3.4人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2008年)1兆6,024億[1]カナダドル ($)

GDP (MER)
合計(2008年)1兆5,109億[1]ドル(9位

GDP (PPP)
合計(2008年)1兆3,032億[1]ドル(13位
1人あたり39,182[1]ドル

独立
 - BNA法
 - ウェストミンスター憲章
 - カナダ法 (Canada Act) イギリスから
1867年7月1日
1931年12月11日

1982年4月17日
通貨カナダドル ($) (CAD)
時間帯UTC -3.5 から -8(DST:-2.5 から -7)
ISO 3166-1CA / CAN
ccTLD.ca
国際電話番号1

カナダ(: Canada、英語発音: [?kan?d?]  聞く[ヘルプ/ファイル] キャナダ、フランス語発音: [kanada] キャナダ、カナダ)は、10のと3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都オタワオンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。

歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した[2]。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された[3]。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている[4]。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった[5]。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキング機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。

立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。


目次

1 国名

2 歴史

2.1 宗教対立がそのまま入植

2.2 独立すれば治まるはず

2.3 第二の政府ウィニペグ

2.4 英墺投資で揺れる政治

2.5 国際収支を再建する途上

2.6 パワー・コーポレーション


3 政治

3.1 政治体制

3.2 行政

3.3 立法

3.4 司法

3.5 軍事


4 国際関係

5 地方行政区分

5.1 都市圏人口


6 地理と交通

7 気候

8 経済

8.1 鉱業

8.2 貿易


9 国民

9.1 人種

9.2 言語

9.3 宗教

9.4 市民結婚法

9.5 保健


10 文化

10.1 文学

10.2 音楽

10.3 映画

10.4 世界遺産

10.5 主な祝祭日

10.5.1 その他の祝日



11 スポーツ


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:206 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE