カッシーニ_(探査機)
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

カッシーニ Cassini
土星に接近するカッシーニの想像図
所属アメリカ航空宇宙局 (NASA)
欧州宇宙機関 (ESA)
イタリア宇宙機関 (ASI)
公式ページ ⇒Cassini-Huygens (NASA)
ESA-Cassini-Huygens (ESA)
国際標識番号1997-061A
カタログ番号25008
状態運用中
目的土星の探査
観測対象土星
打上げ機タイタンIV Bセントール
打上げ日時1997年10月15日
4時43分 (東部夏時間)
軌道投入日2004年6月30日
物理的特長
本体寸法高さ: 6.8 m × 幅: 約 4 m
質量5.8 t
発生電力原子力電池3基(放射性同位体熱電対)
周回対象土星

カッシーニ (Cassini-Huygens) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機である。

カッシーニは、金星→金星→地球木星の順にスイングバイを行なって土星軌道に到着した。カッシーニには惑星探査機ホイヘンス・プローブ (2.7 m、320 kg) が搭載されており、タイタンでカッシーニより切り離されてタイタンに着陸し、大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測した。

カッシーニとホイヘンスよりなる土星探査はカッシーニ・ホイヘンス・ミッションと呼ばれ、欧米18カ国の科学者約260人が参画している。

カッシーニの名は、天文学者ジョヴァンニ・カッシーニに、ホイヘンスの名は同じく天文学者クリスティアーン・ホイヘンスに由来する。

当初はガリレオ同様に小惑星に接近する計画であったが、予算の都合により断念された。


目次

1 経過

2 成果

2.1 木星

2.2 一般相対論の検証

2.3 タイタン


3 諸元

3.1 積載機器


4 画像

5 脚注

6 参考文献

7 外部リンク


経過土星のリングの様子。太陽が向こう側にあるため、薄いリングも映っている。2006年9月15日撮影。タイタンの表面。2004年10月26日撮影。詳細は「カッシーニ・ホイヘンスのタイムライン(英語版)」を参照

1997年10月15日 アメリカ合衆国フロリダ州ケープカナベラル空軍基地LC40発射台からタイタンIV型ロケットによって打上げられた。

1998年4月26日 金星に接近し1回目のスイングバイ

1999年6月24日 金星に接近し2回目のスイングバイ

1999年8月18日 地球をスイングバイして木星への軌道にのる。

2000年1月23日 小惑星帯を通過し、(2685) マサースキーの点状の写真を撮影。

2000年12月30日 木星をスイングバイ、土星への軌道へ。

2004年6月16日 主エンジンを38分間噴射、軌道修正(飛行速度を約3.6 m/s(?)に減速)

2004年6月30日 土星軌道に投入。

2004年8月16日 土星の衛星2個の発見を公表 (メトネパレネ)。

2004年9月9日 土星の衛星2個 (仮符号 S/2004 S 3S/2004 S 4)、環 (仮符号 R/2004 S1) を発見。

2004年10月21日 土星の衛星2個 (ポリュデウケス、仮名称 S/2004 S 6)を発見。

2004年12月24日 タイタンにホイヘンス探査機を放出。

2005年1月14日 ホイヘンスがタイタンに着陸し、機能停止するまでの3時間40分、カッシーニ経由で地球へ探査データを送った。

2008年4月15日 探査計画の2010年9月までの延長が決定。

2009年8月11日 土星の輪の「消失現象」を観測。

2010年2月3日 探査計画の2017年5月までの延長を発表[1]

2013年4月29日 土星の北極にハリケーンのような大気の渦の姿を観測[2][3]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE