カタール
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、国について説明しています。その他の用法については「カタール (曖昧さ回避)」をご覧ください。
カタール国
???? ???


国旗国章

国の標語:なし国歌カタール国歌

公用語アラビア語
首都ドーハ
最大の都市ドーハ
政府

首長タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー
首相アブドッラー・ビン・ナーセル・ビン・ハリーファ・アール=サーニー


面積

総計11,571km2164位
水面積率不明


人口

総計(2014年2,155,446人(???位
人口密度176人/km2

GDP(自国通貨表示)

合計(2008年)3,723億[1]カタール・リヤル (QR)

GDP (MER)

合計(2014年)2137億[1]ドル(???位

GDP (PPP)

合計(2014年)2145億[1]ドル(???位
1人あたり96,903[1]ドル

独立
 - 日付イギリスより1971年9月3日
通貨カタール・リヤル (QR) (QAR)
時間帯UTC +3(DST:なし)
ISO 3166-1QA / QAT
ccTLD.qa
国際電話番号974

1966年から1976年までの国章

カタール国(カタールこく、アラビア語: ???? ???‎)、通称カタールは、中東西アジア国家首都ドーハ[2]アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾アラビア湾)に面する。南はサウジアラビア国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合う。
目次

1 国名

2 歴史

3 政治

3.1 元首

3.2 立法

3.3 行政

3.4 司法

3.5 有力部族


4 対外関係・安全保障

4.1 外交

4.2 軍事


5 国民

5.1 民族

5.2 言語

5.3 宗教


6 地方行政区分

7 地理

8 経済

8.1 農業

8.2 鉱業

8.3 工業

8.4 情報通信

8.5 観光


9 都市

10 文化

11 スポーツ

12 出典、注釈

13 関連項目

14 外部リンク

国名

正式名称はアラビア語で ???? ??? (Dawlat Qa?ar ダウラトゥ・カタル) といい、通常は ??? (Qa?ar カタル) と称する。qatura (カトゥラ=「噴出する」)に由来する。

英語での公式国名は State of Qatar、通称 Qatar (英語発音: [?k??t??r] カーター、[?kat??] キャター)。世界の国と地域の中で、唯一“Q”で始まる英語国名である。国民・形容詞はGatari。

日本語では「カタール国」「カタール」「カタル」と書かれる。漢字による表記は華太瑠。
歴史詳細は「カタールの歴史(英語版)」を参照

紀元前3000年から紀元前2000年頃の遺物が見つかっている。ペルシア湾での真珠採取の産地として古代から知られて来た。

その後、近代までの歴史は不明である。1825年にカタール王家サーニー家(?l-Th?n?)の創始者サーニー・ビン・ムハンマドがビダウ(????? al-Bida‘、現在のドーハ)を治めるカタールのハーキム(英語版)に選ばれた。バーレーンのハリーファ家(英語版)(?l-Khal?fa)が1868年まで北カタールを治めていた。その年カタール貴族の依頼によりイギリスの仲介でバーレーンの主張を取り下げさせたが、オスマン帝国がカタールを占領した。

第一次世界大戦後、オスマン帝国が撤退したあとはイギリスの実効支配のもと、3代目カタール首長(アミール)・アブドゥッラー・ビン・ジャースィム・アール=サーニー(英語版)をシェイクとした自治権を認めた。イギリスとカタール間の1916年の条約は、イギリスとその他のペルシャ湾諸国の条約と同じく、イギリスの承認なく自国領の変更は認めず、諸外国との外交関係も一切認めないというものだった。その代わりイギリスは海上からの侵攻に対しては保護を与え、陸上からの攻撃に対しては支援を与えるという内容だった。1934年の条約はさらにイギリスからの保護を強化したものだった。赤線協定に基づいてアングロ・イラニアン石油会社(英語版)(AIOC)からイラク石油会社(英語版)(IPC)に石油利権が譲渡されると、1935年に英蘭仏米の共同国益会社「Petroleum Development (Qatar) Ltd[3]」(PDQ)に対して、カタールでの75年間の石油掘削権を承認。1940年には高品質の石油が、カタール半島西岸で発見された。第二次世界大戦のため1949年まで石油輸出は行われなかった。

4代目首長アリー・ビン・アブドゥッラー・アール=サーニー(英語版)のもとで、1950年代から1960年代にかけて、この石油がカタールに繁栄と社会進化をもたらし、近代化の始まりとなった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:82 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE