カスピ海
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年10月)


脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2016年10月)


カスピ海

カスピ海
座標北緯41度40分 東経50度40分 / 北緯41.667度 東経50.667度 / 41.667; 50.667座標: 北緯41度40分 東経50度40分 / 北緯41.667度 東経50.667度 / 41.667; 50.667
種類内陸湖、塩湖、自然湖
主な流入ヴォルガ川ウラル川クラ川テレク川など
主な流出蒸発
集水域面積3,626,000km2[1]
ロシア
アゼルバイジャン
イラン
トルクメニスタン
 カザフスタン

最長1,030km
最大幅435km
水面積371,000km2
平均水深187m
最深部1,025m
水量78,200km3
滞留時間250年
岸全長17,000km
水面標高-28m

島26
自治体バクー (アゼルバイジャン), ラシュト (イラン), アクタウ (カザフスタン), マハチカラ (ロシア), トルクメンバシ (トルクメニスタン)など多数
脚注[1]
1 岸の長さは厳密な測定によるものではない。
カスピ海周辺の地図。黄色の部分が集水域である

カスピ海(カスピかい、ロシア語: Каспийское море、英語: Caspian Sea)は、ユーラシア大陸中央アジア東ヨーロッパの境界にある塩湖。世界最大のである。カスピの名は古代に南西岸にいたカス族あるいはカスピ族に由来する。カスピ海に近い現在のイラン・ガズヴィーン州ガズヴィーンは同じ語源であると言われる。現代のペルシア語では一般に「ハザール海」????? ???と呼ばれるが、これは7世紀から10世紀にカスピ海からコーカサス黒海にかけて栄えたハザール王国に由来する(現代ペルシア語では、カスピ海南岸のイランの地名から「マーザンダラーン海」????? ????????とも呼ばれる)。また、トルコ語でも同様の名でHazar Deniziと呼ばれる[2][3]中国語では現在に至るまで「裏海」(りかい)と呼ばれる。
目次

1 概要

2 沿岸都市

3 石油開発

4 漁業

5 環境

6 地史

7 カスピ海の湖面変動

8 歴史

8.1 古代・中世

8.2 ロシアの進出

8.3 現代


9 国際紛争

10 脚注

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク

概要

この湖に面している国は5カ国、ロシア連邦ダゲスタン共和国カルムィク共和国チェチェン共和国アストラハン州)、アゼルバイジャン共和国イランマーザンダラーン州など)、トルクメニスタンカザフスタンである。国際法的な湖の境界については、5カ国が2018年8月12日に署名した協定で、完全に確定した[4]

主な流入河川にはロシア平原を縦断し北西岸から流れ込むヴォルガ川、その名の通りウラル山脈に端を発し北岸へと流れ込むウラル川、西岸のアゼルバイジャンより流れ込むクラ川、西岸のダゲスタン共和国から流れ込むテレク川などがある。流入河川は総計130本にも上るが、流れ出す河川は存在しない。これらの流入河川から流れ込む水量は年間300km3に及び、そのうち240km3はヴォルガ川から流入する水である。この流入分のほとんどはカスピ海上での大気中への蒸発によって失われる。カスピ海への降雨の5倍の水量が、蒸発によって空気中へと放出される[5]。しかし、流出河川が存在しないこともあって、流入河川水域の降雨量の変動や集水域における灌漑面積の増大などによる流入水量の変動によって湖面は上下しやすく、過去何度も水面は上下を繰り返している(後述)。

アゾフ海とはヴォルガ川を介し、クマ=マヌィチ運河ヴォルガ・ドン運河によってつながっている。また、ヴォルガ川と流域の運河群によって、白海バルト海とも水運はつながっている。

面積は374,000 km2ある。なお日本の国土面積は377,835km2なので、カスピ海の方がわずかに狭い。水の量は78,200km3に上り[6]、世界の全ての湖水の40%から44%を占める[7]。塩分濃度は北部と南部では異なり、北部ではヴォルガ川などの流入で塩分が薄く、南部ではイランからの流入河川が少ないため塩分が濃いとされる。湖全体の平均塩分濃度は1.2%であり、海水のほぼ1/3である。

カスピ海は北カスピ海と中カスピ海、南カスピ海とに分かれ、性質が大きく異なる。北カスピ海は大陸棚が発達しており[8]、非常に浅い。平均水深は5mから6mであり、最深部ですら10mは超えない[9]。水量はカスピ海全体の水量の1%にしかならない。浅い上に多くの河川の流入によって塩分濃度が低く、さらに気候も最も寒いため、北カスピ海は冬季には70cmほどの厚さまで結氷する。中カスピ海に入ると水深は急速に深くなり、平均水深は190m、最深部は790mとなる。中カスピ海は全水量のうち33%を占める。南カスピ海は最も深く、−980mに達する地点もある。南カスピ海の水量は、全水量の66%を占める。

カスピ海の北西部には、最大の流入河川であるヴォルガ川が流れ込んでおり、ヴォルガ川から流れ込む膨大な土砂は周辺の浅い水域を埋め立て、広大な湿地帯であるヴォルガ川三角州(デルタ)を形成している。デルタ内には無数の支流が流れており、人の手が入りづらいこの地域は1919年にアストラハン自然保護区域に指定され、野鳥の楽園となっている[10]。湖の北から東にかけては中央アジア大草原ステップ)が広がる。特に北部には、海面下に位置する広大なカスピ海沿岸低地が広がっている。カスピ海沿岸低地は乾燥が激しく、特に北部のヴォルガ川とウラル川に挟まれた地域は、かなりの部分がルィン砂漠となっている。一方、西部にはコーカサス山脈が延び、南岸にはアルボルズ山脈が走る。東岸ではマンギシュラク半島(カザフ語版、英語版)が大きくカスピ海に張り出しており、その南には非常に細い海峡でカスピ海と繋がれたカスピ最大の湾、カラ・ボガス・ゴル湾がある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:74 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE