カシオペヤ座
[Wikipedia|▼Menu]

カシオペヤ座Cassiopeia
カシオペヤ座の恒星
属格形Cassiopeiae
略符Cas
発音[?kasi.??pi?.?] Cassiopeia, 口語的に/?kasi?o?pi?.?/ Cassiopeia; 属格 /?kasi.??pi?.i?/
象徴the Seated Queen
概略位置:赤経1
概略位置:赤緯+60
広さ598平方度 (25位
主要恒星数5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数53
系外惑星が確認されている恒星数3
3.0等より明るい恒星数4
10パーセク以内にある恒星数3
最輝星α Cas(2.23
最も近い星η Cas;(19.04光年)
メシエ天体数2
流星群ペルセウス座流星群
隣接する星座きりん座
ケフェウス座
とかげ座
アンドロメダ座
ペルセウス座

N41° W73°近く。2004年10月1日、Randal J.が撮影

カシオペヤ座 (Cassiopeia) は、北天に見られる星座トレミーの48星座の1つ。

5個の2, 3等星がローマ字のWの形に並ぶ。周りには、他に明るい星が無いので、比較的探しやすい。ポラリス(現在の北極星)を探すために用いられる。

北極に近い地方では、現在、この星座は一晩中見える周極星となる。
目次

1 主な天体

1.1 恒星

1.2 星団・星雲・銀河


2 由来と歴史

3 神話

4 呼称と方言

5 カシオペヤ座に由来する事物

6 出典

主な天体
恒星「カシオペヤ座の恒星の一覧」も参照

α星、β星、γ星の3つの2等星がある[1][2][3]。α星、β星、γ星、δ星、ε星の5つの恒星が、独特の「W」字を形作る。

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

α星:シェダル (Schedar) は、オレンジ色の巨星[1]

β星:カフ (Caph) は、恒星時を計るためのおおざっぱな指針としても使われる。ほぼ赤経 0h に位置するため、この星が子午線上にある場合、恒星時は0時となる。

δ星:ルクバー (Ruchbah) は、2.680等星の白色準巨星。

ζ星:附路 (Fulu) 。

ε星:セギン (Segin) は、3.37等星の青色巨星。主要5星の中で一番暗い。

η星:A星にはAchirdという固有名が付けられている[4]太陽によく似た黄色主系列星を主星に持つ実視連星。

υ2星:固有名はカストゥラ (Castula)[4]

その他の特徴的な恒星には以下のものがある。

γ星:ツィーは、特有の変光星である。視等級は1.6?3に変わる。γ星は連星であると考えられ、伴星は中性子星であると考えられる。これは最も明るいX線連星である。ほかに肉眼で見えるX線星の連星はない。アメリカの宇宙飛行士ガス・グリソムのミドルネーム Ivan にちなんだ Navi という名前でも知られる。

μ星:黄色準矮星

ρ星:SRD型の半規則型変光星

R星ミラ型変光星

RZ星食変光星

TZ星赤色超巨星でLC型の脈動変光星

V509星:SRD型の半規則型変光星。

星団・星雲・銀河

カシオペヤ座は、超新星残骸を2つ持っている。

SN 15721572年ティコ・ブラーエが観測した超新星の名残りで、「ティコの星」の名前で知られる。

カシオペヤ座A:強力な電波源となっている。元の星は計算上1667年ごろ爆発したと推測されているが、その光が届かなかったためか発見の記録はない。

由来と歴史

古代アラビアでは、「ヘナで染めた手」と呼ばれていた。ヘナ(マニキュアの顔料)で爪を染めた女性の五本の指に見えることを由来とする呼称である[5]
神話

カッシオペイア(カシオペヤ)は、エティオピア王ケーペウスケフェウス座の由来である)の妻で王妃であり、アンドロメダー姫(アンドロメダ座の由来である)の母親である[6][7]。自慢好きの王妃で、カッシオペイアが「自分の美貌はネーレーイス(ネレイス、海のニュムペー)に優る」と自惚れたことに腹を立てたネーレーイスたちがポセイドーンに訴えたところ、ポセイドーンはエティオピアに海の怪物ケートスくじら座)を遣わし、災害を引き起こした[6]。ケーペウスが神託を立てたところ、災害を止めるにはアンドロメダーをケートスに生贄として捧げなければならないとのことだった。神託に従ってアンドロメダーは生贄に出されたが、勇者ペルセウスペルセウス座)によって助けられた[6][7]

カシオペヤ座は北半球の大部分の地域では水平線下に没することがない。これは、ポセイドンが彼女が海の下に降りて休息する事を許さず、為に彼女は常に天空を巡り続けているからであるという。
呼称と方言「カシオペヤ座の方言」も参照

その特徴的なWの形から「星」「山形星」などの呼称が伝わっている。

日本では、1944年1月に学術研究会議から刊行された小冊子でカシオペイア座を正式とし、カシオペヤ座も並行して使ってよいとされた[8]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE