オートバイ
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

その他の用法については「オートバイ (halの曲)」、「オートバイ (雑誌)」をご覧ください。
アジアを中心に各国で大量に売れているホンダスーパーカブ初期モデル(カブF型)世界最速の公道走行可能な市販オートバイとしてギネス世界記録に登録されたスズキ・GSX1300Rハヤブサインドの人々が単車に乗る様子

オートバイとは、原動機を搭載した二輪車である[1][注釈 1]。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)[1]


目次

1 概要

2 普及

3 歴史

3.1 世界のオートバイ史

3.2 日本のオートバイ史

3.3 オートバイ製造に携わった日本企業


4 基本構造

4.1 エンジン

4.2 駆動系

4.3 足回り


5 種類

6 法規

7 オートバイの事故

7.1 事故による外傷の特徴

7.2 日本の事故統計

7.3 社会的対策


8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク


概要

2つの車輪を前後に配置して、ガソリンエンジンや電気モーターといった原動機によって走行する乗り物を指す。自転車に原動機を備えたもので、原動機の動力のみで走行することができるものも含めてこのように呼ぶこともある。

基本的には二輪のものを指しているが便宜上、サイドカーを備えて三輪になっているものや、エンジン付き二輪車をベースにして開発・改造されてできた三輪車(及び、時に四輪や一輪)も広義の「オートバイ」に含める場合がある。

オートバイクという呼び方はアメリカ英語「autobike」に由来する語である[2]1902年明治35年)にアメリカからエンジン付き自転車「トーマス」が輸入された当時は英語と同様に「モーターサイクル」と呼ばれていたが、1923年大正12年)に月刊誌『オートバイ』が発売されて以来、「オートバイ」という呼び方が日本人に広く認知されるようになった[3]

日本語では、他に「二輪車[1]」「単車[1]」「バイク」とも呼ばれる。「単車」はサイドカーを付けたものを「側車付き」と呼ぶのに対して、サイドカーを付けていないオートバイ単体を指す言葉として用いられていたが、サイドカーが希少なものとなった現在も「単車」という言葉が生き残っている。なお、中国語でも二輪車の意味で単車という言葉が存在する。

英語で単にbike(バイク)と言うと二輪車全般を指すものの、どちらかというと自転車(bicycle)[注釈 2]の略語として使われる場合が多く、自動二輪車については「原動機」を意味する「motor」を加えて「motorbike」、あるいは「motorcycle」と呼ばれることが多い。 1988年に出版された百科事典では「日本では…(中略)…、またスクーターはオートバイの範疇に含めないのがふつうである」と書かれたが[4]、2012年現在では、様々な文献やメーカーのホームページにおいて、スクーターもオートバイの範疇に含まれるように変化した[5]

2012年現在、日本のオートバイは道路運送車両法で定められた排気量、道路交通法で定められた車両区分、免許区分、ギアチェンジの有無による区分などを用いるのが一般的である[注釈 3][注釈 4][注釈 5][注釈 6][注釈 7]。「日本におけるオートバイ」も参照


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:129 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE