オセルタミビル
[Wikipedia|▼Menu]

オセルタミビル

IUPAC命名法による物質名
IUPAC名(-)-Ethyl (3R,4R,5S)-4-acetamido-5-amino-
3-(1-ethylpropoxy)cyclohex-1-ene-1-carboxylate
臨床データ
胎児危険度分類

B1(AU), C(US)

法的規制

AU: 処方箋薬(S4)

UK: 処方箋のみ (POM)

US: ?-only

投与方法経口
薬物動態データ
生物学的利用能75%
代謝肝臓
半減期6?10 時間
排泄尿中
識別
CAS番号
196618-13-0
ATCコードJ05AH02 ( ⇒WHO)
PubChemCID: 65028
DrugBank ⇒APRD01148
KEGGD08306
化学的データ
化学式C16H28N2O4
分子量312.4 g/mol
タミフルカプセル75mg(ロシュ)タミフルカプセル75(中外製薬)

オセルタミビル (oseltamivir) はインフルエンザ治療薬である。オセルタミビルリン酸塩として、スイスのロシュ社により商品名タミフル(tamiflu) で販売されている。日本ではロシュグループ傘下の中外製薬が製造輸入販売元である。A型B型のインフルエンザウイルスに作用する(B型には効きにくい傾向がある)。C型インフルエンザには効果がない。トリインフルエンザを引き起こすのはA型インフルエンザウイルスであり、H5N1型の高病原性トリインフルエンザウイルスにもある程度有効との研究結果が報告されている[1]

オセルタミビルは、中華料理香辛料に使われる八角から採取されるシキミ酸から10回の化学反応を経て合成されていた[2]

2014年にはコクラン共同計画による完全な治験データの再分析結果が公開され、当初の服用の理由である入院や合併症を減少させるという十分な証拠はなく、成人では発症時間を7日から6.3日へと減少させる程度であり、副作用も含めて使用指針の見直しが必要であると報告された[3]。世界保健機関は以前は不完全な解析しか利用できず[4]、2009年に世界保健機関の必須医薬品に追加されたが2017年に「補足的な薬」に格下げされ、今後はリストからの除去もありうる[5]。世界保健機関は、重篤な入院患者でインフルエンザウイルスの感染が疑われる場合のみの使用に制限することを推奨した[6]


目次

1 作用機序

2 剤形

3 有効性

4 経緯

5 耐性

5.1 2004年

5.2 2005年

5.3 2007年

5.4 2009年


6 異常行動

6.1 最初の異常行動の報告から2008年まで


7 合成法

7.1 ロシュ法

7.2 コーリー法

7.3 柴崎法


8 出典

9 外部リンク


作用機序

オセルタミビルは,ウイルスが宿主細胞から別の細胞へと感染を広げる際に必要となるノイラミニダーゼ (neuraminidase, NA) という酵素糖タンパク質)を阻害することでインフルエンザウイルスの増殖を抑制する。これがノイラミニダーゼ阻害薬の作用機序である[7]

ザナミビル(商品名リレンザ)も標的阻害酵素は同じNAであり、ともにNAの基質であるシアル酸の類似体である。ただし、吸入薬として用いるザナミビルに対し、オセルタミビルでは活性体のカルボキシ側鎖をエチルエステル化して脂溶性を高めることにより、内服用にプロドラッグ化されている。

また、気分、認知、行動に深く関わる様々な神経伝達物質受容体やイオンチャネル、代謝酵素、トランスポーター等に対する結合活性や阻害活性について調べた報告では、NMDA受容体に対しては、未変化体のオセルタミビルは3μM濃度で14%阻害、30μM濃度で23%阻害、活性代謝物オセルタミビルカルボン酸は3μM濃度で21%阻害であったことから、異常行動等の精神神経系副作用との関連性が示唆されている[8][9][10]
剤形

本薬の投与法は経口投与であるため感染部位への到達時間は遅いが、ザナミビルの吸入投与よりも投与法が一般的に容易であるため、高齢者・小児にも投与しやすい。2001年2月、タミフルカプセル75が、2002年4月、タミフルドライシロップ3%(散剤)がそれぞれ薬価収載され、中外製薬が製造販売している。
有効性

インフルエンザ予防薬としても使用することができる(ドライシロップは除く)。ただし、予防薬としての処方は日本では健康保険の適用外である。また英国国立医療技術評価機構(NICE)の2008年の診療ガイドラインは、予防でのオセルタミビルの使用は特定のリスク群をのぞいて推奨していない[11]

A型、B型インフルエンザウイルス(非耐性)に感染し、発症後48時間以内に投与すれば、有意に罹患期間を短縮できる。発症後、48時間以降に投与を開始した場合の有効性は確立していない[12]。これは、オセルタミビルはウイルスが新たに拡散するのを阻害する薬剤であって、既に増殖したウイルスを失活させる効果がないからである。

一般的臨床成績としては、海外臨床試験において、発症2日以内の投与によって、発熱期間を24時間、罹病期間を26時間短縮した。服用しない場合、発熱は通常3?7日間続く。頻度の高い副作用は、腹痛、下痢、嘔気などがあるとされている。

ロシュ社が入院や合併症リスクを低下させると主張し、各国政府が数十億ドルを投じてオセルタミビルを備蓄した後[13]、2012年、コクラン共同計画が日本、アメリカ、欧州の規制機関に提出された臨床試験のデータをシステマティック・レビューし、21時間発症時間が短縮されることと、感染や入院のリスクを低下させるかは結論できないとした[14]。ロシュ社に完全な臨床試験のデータの公開が要求されており[15]、2014年4月10日にその分析結果が公開された[16]。伴って、医学誌BMJコクランは、未公開の臨床試験データの検証により服用による効果は限定的であり、世界の政府機関は証拠が改定されたことによる見直しが必要との声明を出した[17][3]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:91 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE