エンリケ・ペーニャ・ニエト
[Wikipedia|▼Menu]

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペーニャ、第二姓(母方の)はニエトです。

エンリケ・ペーニャ・ニエト
Enrique Pena Nieto


メキシコ合衆国
第57代大統領
任期2012年12月1日

出生 (1966-07-20) 1966年7月20日(52歳)
メキシコ メヒコ州アトラコムルコ
政党制度的革命党 (PRI)
配偶者モニカ・プレテリーニ・サエンス(1993年 ? 2007年)
アンヘリカ・リベラ(2010年 ? )

エンリケ・ペーニャ・ニエト(スペイン語: Enrique Pena Nieto、スペイン語発音: [en?rike ?pe?a ?njeto] ( 音声ファイル)、1966年7月20日 - )は、メキシコ政治家。2012年12月より第57代メキシコ合衆国大統領を務めている。日本のメディアではエンリケ・ペニャニエトとされることが多いほか、外務省は「エンリケ・ペニャ・ニエト」という表記を採用している[1]
目次

1 来歴

2 人物

3 著作

4 脚注

5 外部リンク

来歴

メヒコ州アトラコムルコ(英語版、スペイン語版)出身。宗教はカトリック。出身校はパン・アメリカン大学(英語版、スペイン語版)。

2005年9月16日から2011年9月15日までの6年間、メヒコ州の知事を務めた後、2012年12月1日にメキシコ合衆国大統領に就任した。これにより、ペーニャ・ニエトの所属する制度的革命党 (PRI) は12年ぶりに政権を取り戻した。彼は、不正が行われたと非難された[2][3]2012年メキシコ大統領選挙(英語版、スペイン語版)が、連邦選挙管理委員会によって有効と宣言されたのち次期大統領として発表された[2][4][5][6]。2012年12月1日に彼はフェリペ・カルデロン大統領から政権を引き継ぎ[2]、71年間にわたりメキシコを支配してきたPRIの党勢を回復させた[7][8]

2011年9月に大統領選への出馬を表明し[9]、その4日後に知事を辞職した。同年の11月に正式に候補者の登録をした[10]。ペーニャ・ニエトの大統領選における得票率は38%で、立法府では過半数を持っていないものの、12年ぶりのPRIの大統領となった[11]。PRIは2000年に国民行動党 (PAN) に敗れるまでの71年間、一貫してメキシコを統治してきた政党であった[12][13]

しかし、みながPRIの政権復帰を歓迎したわけではなかった[14]。メキシコ各地でペーニャ・ニエトに反対する数千人規模の行進が行われ、特にジョ・ソイ・132(英語版、スペイン語版)(私は132人目だ、の意)と呼ばれる学生運動では、選挙の不正とメディアの偏向報道に関する疑惑が追及された[15][16]。PRI政権時代の同党が汚職や抑圧、経済政策の失敗と不正選挙の象徴となっていたために抗議した人々もいた。そうした過去への回帰を意味するのではないかと、都市住民を中心に多くのメキシコ人が危惧したのであった[17]。これに対して、ペーニャ・ニエトはそのような疑念を否定し、政府をより民主的かつ近代的で、批判に対して開かれたものにすることを約束した[18]。彼はまた麻薬戦争の継続と、犯罪者と協定を結ばないことを誓った[18]

PAN政権では、与党が議会で多数派を占めていなかったため、改革を断行することができなかった。PRIは政権与党としての豊富な経験を訴え、有権者に十分な説得力を与えた[19]。選挙期間中の世論調査で、ペーニャ・ニエトは広範な支持を維持した[20]。彼はメキシコ経済の活性化[7]、民間部門との競争力を向上させるための国営石油会社ペメックスの完全民営化の認可[21]、さらに6年間に55,000人以上の死者を出した麻薬に関する暴力の減少を公約に掲げた[22]。ペーニャ・ニエトはメキシコシティケレタロを結ぶメキシコ初の高速鉄道を建設するインフラ整備も公約に掲げ[23]2014年中国鉄建中国南車とメキシコ企業で構成されたコンソーシアムが受注するもそのうちのメキシコ企業から大統領が献金を受けて大統領夫人が邸宅を購入したとする汚職疑惑が持ち上がり[24][25][26]、ペーニャ・ニエトは計画を無期限延期して中華人民共和国の企業に賠償金を支払うことになった[27]
人物

ペーニャ・ニエトの父ヒルベルト・エンリケ・ペーニャ・デル・マソ (Gilberto Enrique Pena del Mazo) は電気技術者、母マリーア・デル・ペルペトゥオ・ソコロ・オフェリア・ニエト・サンチェス (Maria del Perpetuo Socorro Ofelia Nieto Sanchez) は学校教師。2007年に前妻モニカ・プレテリーニ・サエンス (Monica Pretelini Saenz) が急死したが、2010年に女優のアンヘリカ・リベラ(英語版、スペイン語版)と再婚した。前妻との間に3人の子を儲けている他、愛人との間に作った2人の婚外子がいる。 衆議院副議長赤松広隆(左)および議長伊吹文明(左から2番目)と


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:42 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE