エル・エスコリアル修道院
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年5月)

マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地
スペイン

エル・エスコリアル修道院
英名Monastery and Site of the Escurial, Madrid
仏名Monastere et site de l'Escurial (Madrid)
登録区分文化遺産
登録基準(1),(2),(6)
登録年1984年
公式サイト ⇒世界遺産センター(英語)
地図

使用方法表示

王立サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院(おうりつサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルしゅうどういん、Monasterio de El Escorial)はスペインマドリッド郊外のサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルにある広大な宮殿修道院博物館にして図書館の複合施設である。サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルはマドリッドの北西45kmに位置する町(マドリッド県) である。


目次

1 沿革

2 概要

3 現在

4 世界遺産登録基準

5 ギャラリー

6 関連項目

7 外部リンク


沿革フェリペ2世はエル・エスコリアル修道院に居住し、政務をとったという。

グアダラーマ山脈の麓にこの複合施設は国王フェリーペ2世の命令で王家の墓所でありスペインの反宗教改革の研究を目的として建てられた。これはフアン・バウティスタ・デ・トレード、 ジョヴァンニ・バッティスタ・カステッロ、フアン・デ・エレーラの3人の建築家によって厳格な古典様式にデザインされ、1563年から1584年にかけて造営された。建物は、聖ロレンソ殉教を記念するために格子型に形成されている。1557年サン=カンタンの戦いでは、スペイン軍はロレンソに捧げられた小さなを破壊したという。国王フェリペ2世は、勝利を授かった礼として聖人に修道院を奉献することを決断した。
概要

エル・エスコリアルの建築群は芸術の莫大な宝庫であり、そこにはティツィアーノティントレットエル・グレコディエゴ・ベラスケスロヒール・ファン・デル・ウェイデンパオロ・ヴェロネーゼ、アロンソ・カーノ、ホセ・デ・リベーラ、クラウディオ・コエーリョなどの芸術家の傑作が収蔵されている。この建築群にはまた無数のかけがえのない古代の古文書を蔵書した図書館がある。スペイン黄金時代美術

ここは5世紀の間、アブスブルゴ(ハプスブルク)家およびボルボン家スペイン国王の埋葬場所であった。

王家の霊廟にはカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)フェリペ2世フェリペ3世フェリペ4世カルロス2世ルイス1世カルロス3世カルロス4世フェルナンド7世イサベル2世アルフォンソ12世アルフォンソ13世が眠っている。なお、ボルボン朝のフェリペ5世ラ・グランハ宮殿附属教会の廟所に、フェルナンド6世はマドリードのサレサス・レアレス修道院に、サボヤ朝アマデオ1世トリノのスペルガ聖堂に埋葬されている。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE