エマープ
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

エマープ(emirp)とは、素数でありかつ逆から数字を読むと元の数とは異なる素数になる自然数のことである。例えば 1097 は素数で、かつ 7901 も素数であるためこの2つの数はエマープである。語源は prime(素数)の逆さ綴り。『素数大百科』では、数素(すうそ)という訳を当てている。

エマープを小さい順に列記すると、13, 17, 31, 37, 71, 73, 79, 97, 107, 113, 149, 157, 167, 179, 199, 311, 337, 347, 359, 389, … (オンライン整数列大辞典の数列 A6567)

となる。

また、エマープと回文数になっている素数を合わせたもの(つまり、逆から読んでも素数である素数全体)を回文素数ということもある(多くの場合、回文素数は回文数になっている素数のみを指す)。

エマープは無限に存在するかは分かっていないが、2010年3月現在、知られている最も大きなエマープは、2007年10月に Jens Kruse Andersen が発見した 1010006 + 941992101 × 104999 + 1 である[1]
脚注^ Rivera, Carlos. ⇒Problems & Puzzles: Puzzle 20.- Reversible Primes

参考文献

マルコム・ラインズ 『数―その意外な表情』[片山孝次訳、岩波書店、1988年
ISBN 978-4000055123

Chris K. Caldwell 著、SOJIN 訳『素数大百科』共立出版、2004年 ISBN 978-4320017597

外部リンク

Weisstein, Eric W. ⇒"Emirp". MathWorld(英語). CS1 maint: Multiple names: authors list


更新日時:2017年5月2日(火)10:50
取得日時:2018/04/22 02:12


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:2974 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE