エビ
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、動物について説明しています。その他の用法については「えび」をご覧ください。

エビ
イセエビ Panulirus japonicus
分類

:動物界 Animalia
:節足動物門 Arthropoda
階級なし:汎甲殻類 Pancrustacea
亜門:甲殻亜門 Crustacea
:軟甲綱 Malacostraca
亜綱:真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目:ホンエビ上目 Eucarida
:十脚目(エビ目) Decapoda
亜目:長尾亜目 Macrura(廃止)

学名
Macrura
Latreille1802[1]
和名
エビ(海老・蝦)
系統


根鰓亜目 Dendrobranchiata

抱卵亜目 Pleocyemata の一部

オトヒメエビ下目 Stenopodidea

コエビ下目 Caridea

ザリガニ下目 Astacidea

ムカシイセエビ下目 Glypheidea

アナエビ下目 Axiidea

アナジャコ下目 Gebiidea

イセエビ下目 Achelata

センジュエビ下目 Polychelida


エビ(海老・蝦・A)は、節足動物門甲殻亜門軟甲綱十脚目(エビ目)のうち、カニ下目(短尾類)とヤドカリ下目(異尾類)以外の全ての種の総称である。すなわち、かつての長尾類(長尾亜目 Macrura)にあたる。現在、長尾亜目という分類群は廃止されており、学術的な分類ではなく便宜上の区分である。

十脚目(エビ目)から、カニ・ヤドカリという腹部が特殊化した2つの系統を除いた残りの側系統であり、単系統ではない。この定義では、ザリガニもエビに含まれる。
目次

1 名称

2 特徴

3 おもな種類

4 食用

4.1 主な料理

4.2 食物アレルギー


5 漁業・養殖

5.1 エビの代表的な感染症


6 分類

6.1 根鰓亜目

6.2 抱卵亜目

6.2.1 オトヒメエビ下目

6.2.2 コエビ下目

6.2.3 ザリガニ下目

6.2.4 ムカシイセエビ下目

6.2.5 アナエビ下目

6.2.6 アナジャコ下目

6.2.7 イセエビ下目

6.2.8 センジュエビ下目



7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

名称

和語の「えび」は、元々は葡萄、あるいはその色のことだった。葡萄の色に似ていることから、蝦・海老のことを「えび」と呼ぶようになった。現在でも「葡萄色」と書いて「えびいろ」とも読む。漢字表記の「海老」や「蛯」の字は曲がった腰と長いを老人に見立てたものである[2]。漢字表記の「鰕」や「蝦」の字は中国でもエビを意味する漢字である[2]

漢字表記について一部[誰?]では、「イセエビなどの海底を歩行する大型のエビ類を「海老」、「?」または「蛯」、サクラエビなどの海中を泳ぐ小型のエビを「蝦」、「A」または「鰕」と表記する」と言われているが、実際にはそこまで厳格に区別しているわけではない。

英語における呼称は大きさにより分けられており、イセエビ程度のサイズで lobster(ロブスター)、クルマエビ程度で prawn(プローン)、小さなエビは shrimp(シュリンプ)と呼ばれる。

なお、カブトエビホウネンエビカイエビヨコエビシャコオキアミカブトガニなどは、名前に「エビ」とついていたり、姿形がエビと類似しているが、エビ目ではない。形態の類似はもっぱら、十脚目の中で原始的な形態を残しているエビと、共有原始形質が共通しているにすぎない。
特徴

体表はキチン質の殻に覆われ、頭胸部と腹部に大きく分けられる。

頭部と胸部は頭胸甲で繋がる。複眼の間に額角(がっかく)という尖ったがあり、これの形状も種類を判別する手がかりの一つになる。頭胸甲内の歩脚の近くにをもち、呼吸をおこなう。ヤドカリやカニには陸上生活できるものもいるが、エビには乾燥した陸上で生活できる種類はいない。ただしモエビ科のキノボリエビは湿った陸上で活動する。

頭胸部には13対・26本もの付属肢があり、前の方から2対の触角、大あご、2対の小あご、3対の顎脚、5対の歩脚へと変化している。触角は周囲の様子を探る器官、大あごと小あごは餌を咀嚼する器官、顎脚は餌を掴んだり小さくちぎったりする器官、歩脚は歩くための器官である。分類群によっては顎脚や歩脚の先がに変化しており、このような脚を鋏脚(きょうきゃく)、または鉗脚(かんきゃく)と呼ぶ。ザリガニロブスターなどは鋏脚が特に大きく発達し、敵に対して大きく振りかざして威嚇したり、敵をはさんで撃退することもある。

腹部は6節に分かれ、それぞれの節が腹甲に覆われ、内部は消化管を囲むように筋肉が発達する。腹節の下部には腹肢をもち、泳ぐ時や卵を抱える時に使う。尾部(しっぽ)は中央の尾節と左右に2対の尾肢があり、尾扇という扇子のような構造となる。敵に襲われたときは腹部を勢いよく下に曲げ、大きく後ろへ飛び退いて逃げる動作を行う。

から生まれた子どもは親とは異なった体型で、幼生とよばれる。幼生は水中を漂うプランクトン生活を送り、脱皮を繰り返して変態し、小さなエビの姿となる。ザリガニ類やミナミヌマエビなど、分類群によっては卵の中で変態し、親とほぼ同じ体型で生まれてくるものもある。
おもな種類 販売されるオオバウチワエビ Ibacus novemdentatus

多くの種類があって、河川から深海まであらゆる水環境に生息する。食用や観賞用として人とのかかわりが深い種類も多い。

淡水域 - テナガエビ類、スジエビヌマエビ類ザリガニアメリカザリガニなど

タイドプール藻場 - イソスジエビホッカイエビコシマガリモエビアシナガモエビなど

浅い海の砂泥底 - テッポウエビクルマエビウシエビ(ブラックタイガー)、シバエビ、サルエビ、ウチワエビなど

浅い海のサンゴ礁や岩礁 - サラサエビ、カクレエビ類、オトヒメエビイセエビセミエビロブスターなど

深海 - サクラエビシラエビホッコクアカエビ(アマエビ)、アカザエビなど


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:44 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE