エナメル質
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

 


A-歯冠
1-エナメル質 2-象牙質 3-歯髄 4-歯肉
B-歯根
5-セメント質 6- 7-血管 8-神経

エナメル質(エナメルしつ、enamel)または琺瑯質(ほうろうしつ)は歯冠の最表層にある、生体で最も硬い硬組織で[1][2][3]モース硬度は6 - 7を示す[2]。このエナメル質と、象牙質セメント質歯髄で歯は構成される[4]。通常目に見える部分がこのエナメル質であり、象牙質に支えられている。象牙質の支持がなければエナメル質は硬くてもろいため、容易に割れてしまう[5]。重量比で96%は無機質で残りが有機質であり[6]、色は明黄色からネズミ色がかった白色である。エナメル質の下に象牙質がない端の部分では、青みがかって見えることもある。半透明であるので、エナメル質の下にある象牙質や歯科修復材料の色が歯の外見に強く影響を与える。厚さは部位により異なり、多くの場合、切端部、咬合部で最も厚く(2.5mm以上)歯頸部(エナメル-セメント境)で最も薄い[7][2]


目次

1 構造

1.1 境界部


2 構成成分

3 物性

4 発生

4.1 乳歯と永久歯におけるエナメル質の違い


5 破壊

5.1 予防

5.2 診断

5.2.1 電気診

5.2.2 レーザーによる蛍光診断



6 エナメル質への歯科処置

6.1 エナメル質の除去

6.2 エッチング

6.3 エナメルボンドレジン

6.4 歯のホワイトニング


7 人種による違い

8 エナメル質の異常

8.1 遺伝・染色体異常

8.2 局所的な要因

8.3 全身的な要因


9 動物のエナメル質

10 脚注

11 参考文献

12 関連項目


構造上の部分がエナメル質。
下はセメント質。

エナメル質の基本構造はエナメル小柱と呼ばれている[5]。エナメル小柱は組織化されたパターンの中に多くの水酸燐灰石の結晶が入っている[1]。断面は、頭を外側に、下を内側においた鍵穴のように見える。

エナメル小柱の中の水酸燐灰石の結晶の配置は非常に複雑となっている。エナメル質を作るエナメル芽細胞とトームス突起(英語: Tomes' process) の両方が結晶のパターンに影響を与える。エナメル小柱頭部の結晶は小柱の長軸に完全に平行となっている[7][1]が、尾部では方向が長軸とややずれる[1]

エナメル小柱の配置は内部構造よりも理解しやすい。エナメル小柱は歯に沿って列を作り、象牙質に垂直に配置されている[8]永久歯では、エナメル-セメント境付近のエナメル小柱はわずかに歯根の方に傾く。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:112 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE