エドワード黒太子
[Wikipedia|▼Menu]

エドワード黒太子
Edward, the Black Prince
プリンス・オブ・ウェールズ
アキテーヌ公
コーンウォール公
チェスター伯

出生(1330-06-15) 1330年6月15日
イングランド王国オックスフォードシャー ウッドストック宮殿
死去(1376-06-08) 1376年6月8日(45歳没)
イングランド王国ウェストミンスター宮殿
配偶者ジョーン・オブ・ケント
子女エドワード・オブ・アングレーム
リチャード2世
父親エドワード3世
母親フィリッパ・オブ・エノー
テンプレートを表示
エドワード黒太子の紋章。イギリス王位継承者として。

エドワード黒太子(-こくたいし、Edward, the Black Prince, KG, 1330年6月15日 - 1376年6月8日)はイングランドの王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)で、イングランド王エドワード3世フィリッパ・オブ・エノーの長子。クラレンス公ライオネル・オブ・アントワープランカスター公ジョン・オブ・ゴーントヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーグロスター公トマス・オブ・ウッドストックの兄。オックスフォードシャーのウッドストック宮殿で生まれたため、エドワード・オブ・ウッドストック(Edward of Woodstock)とも呼ばれる。アキテーヌとしてはエドゥアール4世。

優秀な軍人であり、百年戦争前期における主要な戦闘に参加し、ほとんど勝利を収めている。中でも、1356年ポワティエの戦いではフランスジャン2世を捕虜とし、イングランドの勝利を決定的にした。しかしスペイン遠征の際に病にかかり父より早く亡くなった為、王となることはなかった。


目次

1 生涯

2 家族

3 黒太子の呼称

4 脚注

5 参考文献

6 エドワード黒太子が登場する作品

7 関連項目


生涯

1337年に父からコーンウォール公に叙爵されイングランド最初の公爵になった。1339年百年戦争が始まり、父がイングランドを留守にすることが多くなり、早くから形式的な代理を務め、1343年王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)となった。これ以降、王太子がプリンス・オブ・ウェールズとなることが慣例化した[1][2]

1346年にフランス王フィリップ6世が率いるフランス軍を破ったクレシーの戦いでは16歳ながら一部隊を率いて白兵戦を経験している[2][3]。以後もカレー包囲戦ウィンチェルシーの海戦などに参加し、いずれも勝利を収めている。また、父が1348年に創設したガーター騎士団の一員にも選ばれている[4]

1355年からボルドーに派遣されアキテーヌにおける領土を拡大し、フランス南部の多くを支配下に入れた。1356年のポワティエの戦いでは数的に劣勢にもかかわらずフランス王ジャン2世を捕虜とし大勝利を収めた。これによりイングランドの勝利は決定的となり、1360年ブレティニー条約を導いた[2][5]

1362年には割譲されたアキテーヌのプリンス(公)に任じられ、フランス南部の広大な地域を支配するようになり、ボルドーの宮廷では宴会やトーナメントが開かれ、王の宮廷に匹敵する豪勢さを誇った。しかし、こうした黒太子の振る舞いは初めはアキテーヌの住民に好意的に受け止められたが、浪費に伴う重税とイングランド貴族に官職をばらまきアキテーヌ貴族には与えない姿勢が段々不満を高めていった[6]

1367年カスティーリャ王国の内戦(第一次カスティーリャ継承戦争)でフランスが支援するエンリケ2世(恩寵王)に破れて亡命してきたペドロ1世(残酷王)を支援して遠征し、フランスのベルトラン・デュ・ゲクランとスペイン軍にナヘラの戦いで大勝した。しかし、この頃から黒太子は赤痢に冒されて病気がちになり(ペストに侵されていたという説もある)、戦後ペドロ1世と遠征費用の負担を巡り対立してアキテーヌへ戻り、黒太子に負債だけが残る結果となった。しかも、1369年3月にペドロ1世は態勢を立て直したゲクランとエンリケ2世の連合軍にモンティエルの戦いで敗死、カスティーリャはフランス派のエンリケ2世が治めることになり、アキテーヌは西をカスティーリャ海軍に脅かされる形になった[2][7]

ペドロ1世は約束した金を支払わなかったが、黒太子は連年のように戦争を続け、王に匹敵する豪勢な生活を送ったため、財政は破綻状態となった。財政再建のために1368年、支配下のアキテーヌ公領に対して炉税(家庭に設置してある竈ごとに課税する人頭税、世帯・家族ごとに徴税台帳を作ったので戸別税とも)を新たに課したため住民の不満は高まった。アキテーヌの豪族達、特にアルマニャック伯ジャン1世と甥のアルブレ卿アルノー・アマニュー(英語版)はフランス王シャルル5世の管轄するパリ高等法院に提訴し、これを受けて黒太子の出頭が命じられた。イングランド側は宗主権ごとアキテーヌが割譲されたと認識しており、黒太子は「自分の好きな時に大軍を率いて出頭する」と返答したため、シャルル5世はアキテーヌ公領の没収を宣言し、1369年11月に百年戦争が再開された[2][8]

しかし病に臥せっていた黒太子は戦場に出て指揮を執ることができず、イングランド支配下にあった城、都市は次々とフランス軍に奪回されていった。1370年に黒太子が無理を押して出陣したリモージュの包囲戦では開城させることに成功したが、以前にリモージュが無抵抗でフランス軍に開城した罰として住民3000人を虐殺した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE