ウレタンフォーム
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

発泡プラスチック(はっぽうプラスチック、英:Foamed plastics)は、合成樹脂中にガスを細かく分散させ、発泡状(フォーム)または多孔質形状に成形されたものを指し、固体である合成樹脂と気体の不均一分散系とも定義できる。基本的にどの合成樹脂も発泡成形させることは可能だが、実際には成形性や性能および価格が影響し、実用化されている種類はある程度限られている。

別な用語では、プラスチックフォーム(英:Plastic foam)、セルラープラスチックス(英:Cellular plastics)、プラスチック発泡体、合成樹脂フォーム、合成樹脂発泡体、樹脂発泡体、海綿状プラスチック、発泡合成樹脂などもある[1]。合成樹脂に限定しなければ、高分子発泡体(こうぶんしはっぽうたい)とも呼ばれる[2]。特に気泡が小さいものを「マイクロセルプラスチック[3]、マイクロセルプラスチックフォーム[4]」とも呼ぶ。発泡プラスチックの代表例。発泡スチロール (EPS)


目次

1 特徴

2 歴史

3 使用される主な合成樹脂

4 気相発生方法による製法分類

5 高分子の状態による製法分類

5.1 注型発泡成形法

5.2 溶融発泡成形法

5.3 固相発泡成形法


6 低発泡異型押出

7 物性

7.1 気泡の構造

7.2 機械的性質

7.3 熱的性質

7.4 電気的性質


8 軟質ポリウレタンフォーム

8.1 原材料

8.2 製法・性能・用途


9 硬質ポリウレタンフォーム

9.1 原材料

9.2 製法・性能・用途


10 ポリスチレンフォーム

10.1 原材料

10.2 製法・性能・用途


11 ポリエチレンフォーム

11.1 原材料

11.2 製法・性能・用途


12 ポリプロピレンフォーム

12.1 原材料

12.2 製法・性能・用途


13 EVA架橋発泡体

13.1 原材料

13.2 製法・性能・用途


14 PET樹脂発泡体

14.1 原材料

14.2 製法・性能・用途


15 フェノールフォーム

15.1 原材料


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:120 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE