ウクライナ
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、現代のウクライナについて説明しています。その他の用法については「ウクライナ (曖昧さ回避)」をご覧ください。
ウクライナ
Укра?на


国旗)(国章
国の標語:Воля, злагода, добро
(ウクライナ語: 自由、調和、善良)国歌Ще не вмерла Укра?на(ウクライナ語)
ウクライナは滅びず

公用語ウクライナ語
首都キエフ(キーウ)
最大の都市キエフ
政府
大統領ペトロ・ポロシェンコ
首相ヴォロディーミル・フロイスマン

面積
総計603,500km245位
水面積率7%

人口
総計(2012年45,430,000人(27位
人口密度79人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2013年)1兆4,549億[1]フリヴニャ

GDP (MER)
合計(2013年)1,783億[1]ドル(56位

GDP (PPP)
合計(2013年)3,925億[1]ドル(44位
1人あたり8,650[1]ドル

独立
 - 日付ソビエト連邦より
1991年8月24日
通貨フリヴニャ (UAH)
時間帯UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1UA / UKR
ccTLD.ua
国際電話番号380ij

ウクライナ(ウクライナ語: Укра?на、[ukr??jin?])は、東ヨーロッパ。東にロシア連邦、西にハンガリーポーランドスロバキアルーマニアモルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。

16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。

キエフ大公国13世紀モンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国ポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサック国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。歴史的・文化的には中央東ヨーロッパの国々との関係が深い。また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。
目次

1 国名

1.1 語源


2 地理

3 交通

4 地方行政区分と都市

5 住民

5.1 民族

5.2 言語

5.3 宗教


6 歴史

6.1 古代

6.2 中世

6.3 近世

6.3.1 コサック時代


6.4 近代

6.5 現代

6.5.1 ウクライナ独立戦争

6.5.2 社会主義時代

6.5.3 第二次世界大戦

6.5.4 戦後

6.5.5 独立

6.5.6 クリミア・東部紛争



7 政治

7.1 議会

7.2 2004年ウクライナ大統領選挙

7.3 2010年ウクライナ大統領選挙

7.4 2014年ウクライナ大統領選挙

7.5 軍事

7.5.1 準軍事組織



8 経済

9 外交

9.1 ロシアとの関係

9.2 欧米との関係

9.3 日本との関係


10 教育・科学

10.1 高等教育機関

10.2 研究所


11 マスコミ

12 文化

12.1 料理

12.2 スポーツ

12.3 文学

12.4 美術

12.5 建築

12.6 世界遺産

12.7 音楽・舞踊


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:284 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE