ウェブブラウザ
[Wikipedia|▼Menu]
2015年6月の複数のブラウザーの国別占有率
  Google Chrome  Mozilla Firefox  Safari  en:UC Browser  SRWare Iron  Internet Explorer  Opera  Android  en:PhantomJS  情報なし
ウィキメディア財団のサーバにアクセスしたウェブブラウザの割合(2012年12月)

HTML

各種項目

HTMLHTML5

ダイナミックHTML

XHTML

XHTML Mobile ProfileC-HTML

文字符号化

Document Object Model

フォントファミリー

HTML エディター

HTML要素

canvas要素

video要素

HTMLフレーム

HTML5オーディオ

HTMLスクリプティング

HTMLレンダリングエンジン

互換モード

スタイルシート

HTMLのUnicode表記

W3CWHATWG

ウェブカラー

WebGL

WebCL

Webストレージ

比較

マークアップ言語

ウェブブラウザ

レンダリングエンジンの比較

HTML

HTML5

HTML5メディア

非標準HTML

XHTML













ウェブブラウザ(インターネットブラウザ、web browser)とは、 World Wide Web (WWW) の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページ画面印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。

WWW 上の情報リソースを扱うアプリケーションであり、ウェブページ・画像・動画・音声等の情報リソースの識別には Uniform Resource Identifier (URI) を使用する[1]

ウェブブラウザは WWW への接続を第一の目的としているが、プライベートネットワーク内の Web サーバファイルシステム内のファイルが提供する情報への接続にも利用できる。主なウェブブラウザとして、Internet Explorer, Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome, Opera, Safari 等がある。


目次

1 構造と動作

2 機能

2.1 ユーザーインターフェイス (UI)

2.2 特殊なUIを備えたブラウザ

2.3 ウェブ標準への対応

2.4 プラグイン

2.5 拡張機能

2.6 プライバシーと安全性


3 歴史

4 推奨ブラウザ

5 出典

6 関連項目

7 外部リンク


構造と動作

大まかに言うと、ウェブブラウザは3つの部分から構成される。
URI, HTTP 等に基き、サーバ通信してリソースを取得する、HTTP ユーザエージェントの部分。

取り寄せた資源をその種類 (HTML/XHTML/XML, 文書画像等)に応じて解析する構文解析の部分。

構文解析の結果を基に文字や画像を適切に配置し、あるいは文字の大きさを調整したり色を付けるなどして最終的に人間の為の表示を行う描写の部分。

ウェブブラウザの主な目的は、ユーザに情報リソースをもたらすことである。まず Uniform Resource Locator (URL)、例えば http://en.wikipedia.org/ と入力する。URL のプレフィックスであるURIスキームによって URL をどう解釈するかが決まっている。典型的な URL は定義名 http: で始まり、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) を使って情報を取り寄せる。多くのウェブブラウザは様々な定義名に対応しており、HTTPS 用の https:、File Transfer Protocol 用の ftp:、内部ファイル用の file: などがある。ウェブブラウザが直接扱えない定義名は、他のアプリケーションにそのまま渡されることが多い。例えば mailto: で始まる URI は既定の電子メールクライアントに渡され、news: で始まる URI は既定のニュースグループリーダに渡される。

http, https, file 等の場合、リソースを取り寄せるとウェブブラウザはそれを表示する。HTML はウェブブラウザのレイアウトエンジンに渡され、マークアップからインタラクティブな文書に変換される。一般に、HTML 以外でもウェブページに含まれる任意の内容を表示できる。画像・動画・音声・XML はほとんどの場合表示でき、Flash アプリケーションや Java アプレットに対応するプラグインが用意されていることが多い。未対応の種類のファイルに遭遇した場合は、表示するのではなくダウンロードする設定になっていることが多く、保存を促す動作をする。

情報リソースには他の情報リソースへのハイパーリンクを含めることができる。それぞれのリンクにはリソースの URI が含まれている。リンクをクリックすると、ウェブブラウザはそのリンクのターゲット URI で示されるリソースへと誘導され、内容を取り寄せる処理が再び始まる。

ウェブブラウザで採用される規格は他に SVG, XForms, WHAT などがある。

Ajax 等の流行によりウェブ自体が OS に代わる基幹として台頭してきており、ウェブブラウザの役目は単なる閲覧ソフトからネットワーク資源を活用するための高機能クライアントに移り変わりつつある。また、2006年以後の主なブラウザではタブブラウザ方式の UI が主流になっている。
機能

ウェブブラウザの機能は、最小限の文字を用いた UI から、多様なファイル形式やプロトコルに対応する高機能なものまで幅広い。電子メールネットニュースInternet Relay Chat (IRC) 等に対応するコンポーネントを含むウェブブラウザは「インターネットスイート」と呼ばれることもある[2][3][4]

主要なウェブブラウザは同時に複数の情報リソースを扱うことができ、別窓で表示したり、タブを使って同じウィンドウ内に表示したりする(タブブラウザ)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:64 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE