ウィル・ロジャース
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ウィル・ロジャース
William "Will" Rogers
Will Rogers (1922)
生誕(1879-11-04) 1879年11月4日
インディアン準州(現在のオクラホマ州)ウーロガー
死没1935年8月15日(1935-08-15)(55歳)
アラスカ準州バロー
職業俳優コメディアン、コラムニスト、ラジオ・パーソナリティ
政党民主党
配偶者ベティ (1879年-1944年)
子供ウィル・ロジャース・ジュニア
メアリー・アメリア
ジェイムズ・ブレイク
フレッド・ストーン

ウィリアム・ペン・アデア・ロジャース(通称ウィル・ロジャース、英:William Penn Adair "Will" Rogers、1879年11月4日-1935年8月15日)は、チェロキー族の血を受けたアメリカ合衆国カウボーイコメディアン、ユーモア作家、社会評論家、ボードビル芸人および俳優である。子供はアメリカ合衆国下院議員で第二次世界大戦の古参兵ウィル・ロジャース・ジュニアである。

オクラホマ州自慢の息子として知られる[1]ロジャースは、インディアン準州の著名な家庭の子として生まれた。世界中を3度も旅し、71本の映画(50本はサイレント、21本はトーキー)を作った[2]。全国紙に4,000本以上のコラムを書き[3]、世界的に有名な存在になった。

1930年代半ばまでにロジャースはアメリカの人々に敬愛され、当時のハリウッドではギャラが最高級の映画スターとなった。1935年、ロジャースは飛行士のウィリー・ポストアラスカ準州バロー近くで小型飛行機で飛行中に墜落事故死した。


目次

1 初期の経歴

2 ボードビル

3 映画

4 旅

5 「私は嫌いな人とまだ会ったことがない」

6 死と遺産

6.1 オクラホマ州の表彰

6.2 カリフォルニア州の記念碑

6.3 テキサス州の記念碑

6.4 国民の記念


7 映画の中の人物

8 出演映画

8.1 サイレント

8.2 トーキー


9 脚注

10 関連項目

11 参考文献

12 外部リンク


初期の経歴ヴァーディグリス川のホワイトハウス、オクラホマ州ウーロガー近くのロジャースの生家

ロジャースはインディアン準州のドッグアイアン牧場、現在のオクラホマ州ウーロガー近くで生まれた。生家は1875年に建てられたものであり、「ヴァーディグリス川のホワイトハウス」と呼ばれた[2]。父のクレメント・ヴァン・ロジャース(1839年-1911年)と母のメアリー・アメリカ・シュリムシャー(1838年-1890年)はどちらもチェロキー族の血を引いており、ウィル・ロジャース自身は32分の9がチェロキー族の血だった[4]。ロジャースは、先祖がメイフラワー号で来たわけではないが、「その船には会った」と冗談を言っていた[5]。父のクレメント・ロジャースはインディアン準州で著名な存在だった。チェエロキー族の上院議員かつ判事であり、南軍の古参兵となり、オクラホマ憲法制定会議では代議員を務めた。オクラホマ州ロジャース郡はクレメント・ロジャースの栄誉を称えて名付けられた[2]。母のメアリー・ロジャースは4分の1がチェロキー族の血であり、またペイント一族の血筋だった[6]。母はウィル・ロジャースが11歳のときに死に、父は母の死後から2年経たないうちに再婚した[7]

ロジャースは8人兄弟の末っ子だった。その名はチェロキー族指導者ウィリアム・ペン・アデア大佐に因んで名付けられた[8]。兄弟のうち3人の姉妹、サリー・クレメンタイン、モード・エセルおよびメイ(メアリー)だけが成人した。この子供達はミズーリ州ニーオショーにあるウィロー・ハッセル学校に通い、後にブーンビルのケンパー士官学校に入った。ロジャースは10年生でその学業を終えた。ロジャースは「10年生のときに4年生の教科書を勉強した」と言っているように、学校の成績は良くなかったことを認めていた[5]。カウボーイや馬の方に興味があり、ロープの使い方を学び、投げ縄を使った。

ロジャースはその簡単な正規教育を終えた後で、長年ドッグアイアン牧場で働いた。1901年の暮れ近く、ロジャースと友人の1人がアルゼンチンガウチョとして働こうと思いつき家を出た[5]。二人は1902年5月にアルゼンチンに到着し、アルゼンチン・パンパで牧場主になろうとして5ヶ月を過ごした。不運なことにロジャースと友人は持ち金をすべて無くし、ロジャースの言葉に拠れば「国に送還されるのを恥じた」ので、友人と別れたロジャースは南アフリカに渡った。そこでイギリス軍の馬を飼い馴らす仕事を手に入れたが、ボーア戦争は3ヶ月前に終わっていたと言われることがある[9]。実際にはムーイ川ステーションにあるピッチョンの牧場で仕事に就いていた[10]

戦争が終わるとイギリス軍はもはや軍馬の飼育員を必要としなくなり、ロジャースは「テキサス・ジャックの大西部サーカス」でロープの使い手としてショービジネスの経歴を始めた。彼(テキサス・ジャック)はそのキャンプを訪れた小さな大西部集団を持っており、途方もない事業をやっていた。私はロープ使いや馬乗りをやり、私が知っていた中でも最も賢いショーマンだったジャックは、私に大きな興味を持った。私のポニーと共に出た最初のステージにアイディアをくれたのも彼だった。わたしは彼からショービジネスについて多くを学んだ。彼は普通の者ではとてもできないようなロープを使った芸ができ、観衆に大したものだと思わせたので、私は何時間も彼のやることを研究したものであり、ショービジネスの大きな秘密、すなわち何時降りるかということを学んだ。観衆がもっとと望むときに止めるタイミングを知っていたのが彼だった。[9]

ロジャースはジャックのガイドに感謝しながらも、移動したいという願望があり、サーカスを辞めてオーストラリアに行った。テキサス・ジャックはそこに居るワース・ブラザーズ・サーカスに推薦状を書いてくれ、ロジャースは馬乗りやロープ使いの芸を続け、またポニーの芸もさせた。ロジャースは1904年にアメリカ合衆国に戻り、アメリカの巡回ボードビルでロープの技を試し始めた。
ボードビル1900年より前に撮影されたロジャースの写真

ロジャースはニューヨーク市に旅し、マディソン・スクエア・ガーデンに行くと、野生の牛が競技場から飛び出し観客席に登り始めた。ロジャースは直ぐにロープで牛を捕まえ、群衆を喜ばせた。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE