ウィリアム・シェイクスピア
[Wikipedia|▼Menu]

「シェイクスピア」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「シェイクスピア (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ウィリアム・シェイクスピア
William Shakespeare

誕生1564年4月26日(洗礼日)
イングランド王国ストラトフォード・アポン・エイヴォン
死没1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日
イングランド王国、ストラトフォード・アポン・エイヴォン
墓地ストラトフォード・アポン・エイヴォン、ホーリー・トリニティ教会(英語版)
職業劇作家詩人
言語英語
国籍 イングランド王国
活動期間1589年 - 1613年
代表作『ロミオとジュリエット』(1596年)
『ハムレット』(1601年)
『オセロー』(1604年)
『リア王』(1605年)
『マクベス』(1606年)
デビュー作ヘンリー六世 第1部
配偶者アン・ハサウェイ
子供スザンナ・ホール(長女)
ハムネット・シェイクスピア(長男)
ジュディス・クワイニー(次女)
ウィリアム・ダヴェナント(次男?、落胤?)[1]
サイン
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日洗礼日) - 1616年4月23日グレゴリオ暦5月3日))は、イングランド劇作家詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている[2]

出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』、『マクベス』、『オセロ』、『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』、『ヴェニスの商人』、『夏の夜の夢』、『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。

2002年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。

「シェイクスピア」の日本における漢字表記(借字)は「沙吉比亜」だが、これは中国での表記「莎士比亞」(繁体字での表記で、簡体字では「莎士比?」)の「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いたもの。「沙翁」と呼ばれることもある。
目次

1 生涯

1.1 前半生

1.2 ロンドンの劇壇進出

1.3 晩年

1.4 死


2 死後

2.1 埋葬


3 家族

4 最初の全集の刊行

5 作品

5.1 作風・執筆歴


6 書誌

6.1 戯曲

6.1.1 史劇

6.1.2 悲劇

6.1.3 喜劇


6.2 詩作品

6.3 外典と散逸した戯曲


7 シェイクスピア別人説

8 備考

9 関連作品

10 日本の著名な訳者

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 関連項目

13 外部リンク

生涯

本節ではシェイクスピアの個人史について記述する。執筆歴や作風の変遷については作品の節を参照。
前半生 ストラトフォード・アポン・エイヴォンにあるシェイクスピアの生家 シェイクスピアの生家から車で10分ほどの距離にある、妻アンの実家

ウィリアム・シェイクスピアは1564年イングランド王国ストラトフォード・アポン・エイヴォンに生まれた。父ジョン・シェイクスピアはスニッターフィールド出身の成功した皮手袋商人で、町長に選ばれたこともある市会議員であった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:100 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE